人称代名詞の自己同一化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数723
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     日本語の人称代名詞は何か。一人称は「私」、二人称は「あなた」、三人称は「彼」「彼女」「彼ら」「それ」と、多くの日本人が答えるだろう。私自身もこれらを思い浮かべ、少しも疑わなかった。しかしこれは間違いではないが正解でもない。人称代名詞はその時その時で形を変化させ、社会の織りなす人間模様を把握するための存在なのだ。例えば一人称なら、自分の子供に対して自身のことを「お母さん」、生徒に対して「先生」と名乗る。逆に子供からも「お母さん」、生徒からも「先生」と呼ばれ、これが二人称になる。このように答えは無数に現れる。
     なぜ当たり前のようにこう答えてしまうのか。それは既存の概念に英語が入り込んでいるせいだ。「人称代名詞」という言葉を初めて耳にするのが英語の学習中で、人称代名詞として「I」「you」「he」「she」「they」「it」を叩き込まれた。日本語訳も丁寧に「私は」「あなたは」と置き換える。英語の一人称はどんな時でも「I」だが、日記などの文章を訳していくと、いちいち何度も「私は」と訳すとその文章に違和感を覚える。それは日本語が人称代名詞を必ずしも必要としていないからだ。日本語では、特に日常会話においては人名を繰り返し何度も用いるなど、特に人を指し示す人称代名詞を用いる頻度は英語と比べると少ない。人称代名詞を意識して使わない私たちにとって、この質問は一度英語の場合に置き換えて考えるため難しい。
     さきほどの例のように、一人称を「お母さん」とする場合、聞き手はその子供か夫だけに限定される。もちろん話し手の名前が「お母さん」なのではなく、それは家族の中での役割の名称である。これは話し手が聞き手と同じ立場から自身を呼ぶ名称と同じになる。このことを自己同一化という。自己同一化されるのはたいてい聞き手が話し手より立場が下の時だろう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     日本語の人称代名詞は何か。一人称は「私」、二人称は「あなた」、三人称は「彼」「彼女」「彼ら」「それ」と、多くの日本人が答えるだろう。私自身もこれらを思い浮かべ、少しも疑わなかった。しかしこれは間違いではないが正解でもない。人称代名詞はその時その時で形を変化させ、社会の織りなす人間模様を把握するための存在なのだ。例えば一人称なら、自分の子供に対して自身のことを「お母さん」、生徒に対して「先生」と名乗る。逆に子供からも「お母さん」、生徒からも「先生」と呼ばれ、これが二人称になる。このように答えは無数に現れる。
    なぜ当たり前のようにこう答えてしまうのか。それは既存の概念に英語が入り込んでいるせいだ。「人称代名詞」という言葉を初めて耳にするのが英語の学習中で、人称代名詞として「I」「you」「he」「she」「they」「it」を叩き込まれた。日本語訳も丁寧に「私は」「あなたは」と置き換える。英語の一人称はどんな時でも「I」だが、日記などの文章を訳していくと、いちいち何度も「私は」と訳すとその文章に違和感を覚える。それは日本語が人称代名詞を必ずしも必要としていないからだ。日本語では、特に日常..

    コメント1件

    renkuro 購入
    おもしろかったです。
    2007/02/27 17:01 (9年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。