教師の仕事のミクロとマクロ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数520
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     教師は「ただ子供が好き」という感覚だけでできるものではないと思う。幅広い教養があり、しかり方に矛盾がなく、平等に生徒1人1人を見なければならない。それに、頼りになり、教科指導に自分なりの方針を持って取り組んでいる人であるべきだ。言葉で言うのは簡単だが、実際行動にうつすとなると難しい。
     教師の仕事のミクロな部分。それは個々の生徒とのコミュニケーションの多い関係を保つことだと考える。これが教師のやりがいを構成するとともに、職業的専門性の発揮が求められる場所でもある。
     例えば、教師の発言は生徒にとってはとても重く感じられる。というのは、生徒は教師があらゆる面で優れていると思うことが多いからだ。私も教師は人間的にも,教えるということに対しても優れていなければならないと思う。だからこそ,やりがいのある仕事でもあると思うが,努力が非常に必要であると思う。もし教師が授業中に根拠もなしに暴言を吐いたら・・・ある生徒はそれをうのみし、その発言内容を正当なものとして記憶してしまう。ある生徒はそれを親に話し、時々マスコミを騒がせるような教師の暴言事件として扱われる可能性もある。そのくらい教師の発言は重く取られる。
     だからといって淡々と授業を進める教師もどうかと思う。私は去年の三月まで高校生だった。受験のイライラで生徒のほとんどが精神的に疲れているときに、受験とは全く関係のない面白い話をしてくれると気が紛れて楽になったのを覚えている。今考えると、授業が面白い先生で嫌な先生はいなかった。生徒から人気のある教師は信頼関係を築きやすく、コミュニケーションもうまくとれる。「教える」という教師の仕事のほかにミクロな部分で、教室の雰囲気や親和的人間関係を創ることだと思う。個々の子どもの心の状態や心情を理解する必要が教師にはある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教師の仕事のミクロとマクロ
     教師は「ただ子供が好き」という感覚だけでできるものではないと思う。幅広い教養があり、しかり方に矛盾がなく、平等に生徒1人1人を見なければならない。それに、頼りになり、教科指導に自分なりの方針を持って取り組んでいる人であるべきだ。言葉で言うのは簡単だが、実際行動にうつすとなると難しい。
     教師の仕事のミクロな部分。それは個々の生徒とのコミュニケーションの多い関係を保つことだと考える。これが教師のやりがいを構成するとともに、職業的専門性の発揮が求められる場所でもある。
    例えば、教師の発言は生徒にとってはとても重く感じられる。というのは、生徒は教師があらゆる面で優れていると思うことが多いからだ。私も教師は人間的にも,教えるということに対しても優れていなければならないと思う。だからこそ,やりがいのある仕事でもあると思うが,努力が非常に必要であると思う。もし教師が授業中に根拠もなしに暴言を吐いたら・・・ある生徒はそれをうのみし、その発言内容を正当なものとして記憶してしまう。ある生徒はそれを親に話し、時々マスコミを騒がせるような教師の暴言事件として扱われる可能性もある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。