集団社会学−人物・役割・官僚制・産業社会と大衆社会

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,438
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1人物
    ・ウェーバー:闘争的社会観。全面的官僚制化。化石化。「精神なき専門人」「心情なき享楽人」「他者の意思を排除して自己の意思を貫徹するいっさいの可能性」
    ・クーリー:「鏡に映った自己」第一次集団(直接的相互作用)と第二次集団(間接的相互作用)。
    ・ゴフマン:自己呈示。印象操作。役割距離。
    ・サムナー:内集団と外集団。
    ・タルド:群集心理学。「公衆の時代」(=大衆)
    ・ダーレンドルフ:ホモ・ソシオロジクス(社会学的人間像)。
    ・テーラー:科学的管理法。テイラーシステム→フォードシステム。
    ・デュルケム:集合的沸騰。
    ・テンニース:ゲマインシャフト(本質意志)とゲゼルシャフト(選択意志)。
    ・パーソンズ:ダブル・コンティンジェンシー(二重不確定性)。AGIL(システム維持の機能要件)。調和的社会観。
    ・フロイト:エス・自我・超自我。
    ・マッキーバー:コミュニティ(地域の共同)とアソシエーション(関心の共同)。
    ・ミード:重要な他者(プレイ)。一般化された他者(ゲーム)。客我(me)と主我(I)。
    ・メイヨー:ホーソン実験。→インフォーマルグループ。
    ・ルボン:群集心理学。「群集の時代」
    2役割
     ある地位にある人がやることになっている行為の内容。役割が集まって、1つの地位になり、地位は1人の人間を集団の中に位置づける。その集団が集まり社会を形成している。人と人の間に相互作用が生じる時、お互いに相手に対して相補性をもっているが、かみ合わない場合はフラストレーションを生む。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    集団社会学-人物・役割・官僚制・産業社会と大衆社会
    1人物
    ・ウェーバー:闘争的社会観。全面的官僚制化。化石化。「精神なき専門人」「心情なき享楽人」「他者の意思を排除して自己の意思を貫徹するいっさいの可能性」
    ・クーリー:「鏡に映った自己」第一次集団(直接的相互作用)と第二次集団(間接的相互作用)。
    ・ゴフマン:自己呈示。印象操作。役割距離。
    ・サムナー:内集団と外集団。
    ・タルド:群集心理学。「公衆の時代」(=大衆)
    ・ダーレンドルフ:ホモ・ソシオロジクス(社会学的人間像)。
    ・テーラー:科学的管理法。テイラーシステム→フォードシステム。
    ・デュルケム:集合的沸騰。
    ・テンニース:ゲマインシ..

    コメント1件

    nm0500353 購入
    参考になった
    2007/01/19 5:17 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。