児童虐待とその対応について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,135
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     「児童虐待」は、18歳未満の子どもに対して、保護者が次のような行為をすることと定義される。?児童の身体に外傷が生じるおそれのある暴行を加える。(=身体的虐待)?児童にわいせつな行為をする、又はさせる。(=性的虐待)?児童の心身の発達を妨げるような減食や放置など、保護者としての監護を怠る。(=ネグレクト)?児童に心理的外傷を与える。(=心理的虐待)
     子どもへの影響については、身体的障害と同時に、精神的な障害として「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」が有名である。しかしそれ以外にも、不安障害、抑うつ症状、解離性障害、反応性愛着障害、注意欠陥・多動障害なども見られる。
     「児童虐待」への対応の中心となるのは、児童相談所である。児童相談所での取り扱い件数は、年々増加している。しかし、それは児童相談所が把握している件数のみであり、他の機関で対応されているケースやまだ発見されていないケースを考えるとはるかに多いだろう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Q.児童虐待とその対応について論じ、意見を述べよ。
    「児童虐待」は、18歳未満の子どもに対して、保護者が次のような行為をすることと定義される。①児童の身体に外傷が生じるおそれのある暴行を加える。(=身体的虐待)②児童にわいせつな行為をする、又はさせる。(=性的虐待)③児童の心身の発達を妨げるような減食や放置など、保護者としての監護を怠る。(=ネグレクト)④児童に心理的外傷を与える。(=心理的虐待)
    子どもへの影響については、身体的障害と同時に、精神的な障害として「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」が有名である。しかしそれ以外にも、不安障害、抑うつ症状、解離性障害、反応性愛着障害、注意欠陥・多..

    コメント4件

    kaori0104 購入
    助かりました
    2006/06/17 8:04 (10年6ヶ月前)

    iichikoneko 購入
    参考になりました。
    2006/07/03 17:43 (10年5ヶ月前)

    maruyoko2 購入
    参考になりありがとうございました。
    2006/09/04 21:46 (10年3ヶ月前)

    nanako4649 購入
    参考になりました
    2006/12/14 7:12 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。