交通心理学課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数439
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     私は、制限速度は現状のままが良いです。制限速度が上がれば、走行速度も上がってしまう気がします。制裁を厳しくしても、それまでの感覚に慣れてしまっていたり、気にしない人もいると思います。制裁を受けないために、制限速度を守るのではなく、どうにかして見つからないように努力する人の方が多いと思います。
     逆に、制限速度を下げても、これまでに走行していて問題がなかったと思っているはずなので、効果はないように思います。
    個人的な理由ですが、もし制限速度が上がって、周囲の走行速度も上がったとしたら、私はその速度に合わせることに、かなりのストレスを感じると思うのです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    交通心理学
    提出課題2:一般道と高速道路における、現在の制限速度の妥当性について以下に論じてください。
     私は、制限速度は現状のままが良いです。制限速度が上がれば、走行速度も上がってしまう気がします。制裁を厳しくしても、それまでの感覚に慣れてしまっていたり、気にしない人もいると思います。制裁を受けないために、制限速度を守るのではなく、どうにかして見つからないように努力する人の方が多いと思います。
     逆に、制限速度を下げても、これまでに走行していて問題がなかったと思っているはずなので、効果はないように思います。
     個人的な理由ですが、もし制限速度が上がって、周囲の走行速度も上がったとしたら、私..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。