リスキーシフトについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数910
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2つの研究を見ると、集団の人数が異なっている。
    自分の経験から考えると、人数が少ない時は慎重になりやすいように思う。少人数だと、1人1人の意見がしっかり聞かれるので、きちんと考えざるを得ないからだろうか。逆に人数が多い時は、リスキーシフトが起こりやすい気がする。
    多人数だと、「誰かが決めてくれる」感がとても大きいと思う。そうすると、他の人の意見に対して、よく考えずに賛成したりするのではないだろうか。
    しかし、少人数でもリスキーシフトが起こったこともある。サークルの話し合いで、数人の部員と先生で話し合う時は、リスキーになりやすいと感じる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    交通心理学
    提出課題1:Wallach, M. A., Kogan, N., & Bem, D. J.(1962)とMcCauley, C., Stitt, C. L., Wood, K., & Lipton, D.(1973)の研究を理解した上で、リスキーシフトは現実の社会場面で起きるのかどうか、どういう時に起きてどういう時には起きないのか考えてみて下さい。また、それを確認するための実験計画を立ててみて下さい。必ず実現可能な形でデザインすること!
    2つの研究を見ると、集団の人数が異なっている。
    自分の経験から考えると、人数が少ない時は慎重になりやすいように思う。少人数だと、1人1人の意見がし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。