『暗夜行路』と『異端者の悲しみ』の文章比較

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数714
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     志賀直哉の『暗夜行路』の一部分と谷崎潤一郎の『異端者の悲しみ』の一部分を読み比べた。すると、どちらも家の様子を表した内容であるのだが、『暗夜行路』の方はすっきりと、分かりやすい印象を受けた。『異端者の悲しみ』の方は、長く、難解な印象を受けた。これらの文章の何が
    異なる印象を与えるのだろうか。
     様々な要素が考えられるが、幾つかに絞って考えることとする。最初に、文に関して考える。文の数、長さ、読点の数を比較する。次に、漢字、仮名の割合を比較する。さらに、名詞、形容詞、動詞、助動詞の比較も行いたい。
     それぞれの比較の結果を表にすると、以下のようになる。
    表1.文の長さ
    「暗夜行路」 「異端者の悲しみ」
    文字数(合計) 328 321
    一文の文字数(平均) 41 80.25
    一文の文字数(最大値) 64 130
    一文の文字数(最小値) 20 43
    表2.句読点
    「暗夜行路」 「異端者の悲しみ」
    句点 8 4
    読点 16 13
     表1では句読点を含まずに、文字数を数えた。全文字数は、『暗夜行路』と『異端者の悲しみ』で特に大きな差はない。しかし、一文の文字数の平均を見ると、『暗夜行路』では41、『異端者の悲しみ』では約80で、『異端者の悲しみ』が『暗夜行路』の2倍近い数値になっている。最大値と最小値を見ても、大きく差がでている。
     表2の句点から、『暗夜行路』は8文、『異端者の悲しみ』は4文から成っていることが分かる。しかし『異端者の悲しみ』は『暗夜行路』の半分の4文しかなく、短いにもかかわらず、読点は『暗夜行路』よりも少ない。
    表3.漢字、仮名の割合
    「暗夜行路」 「異端者の悲しみ」
    漢字 126 38% 132 41%
    仮名 202 62% 189 59%
     漢字と仮名の割合は、特別大きな差ではないが、『異端者の悲しみ』の方が多少漢字が多い。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『暗夜行路』と『異端者の悲しみ』の比較
    志賀直哉の『暗夜行路』の一部分と谷崎潤一郎の『異端者の悲しみ』の一部分を読み比べた。すると、どちらも家の様子を表した内容であるのだが、『暗夜行路』の方はすっきりと、分かりやすい印象を受けた。『異端者の悲しみ』の方は、長く、難解な印象を受けた。これらの文章の何が
    異なる印象を与えるのだろうか。
     様々な要素が考えられるが、幾つかに絞って考えることとする。最初に、文に関して考える。文の数、長さ、読点の数を比較する。次に、漢字、仮名の割合を比較する。さらに、名詞、形容詞、動詞、助動詞の比較も行いたい。
     それぞれの比較の結果を表にすると、以下のようになる。
    表1.文の長さ
    「暗夜行路」 「異端者の悲しみ」 文字数(合計) 328 321 一文の文字数(平均) 41 80.25 一文の文字数(最大値) 64 130 一文の文字数(最小値) 20 43 表2.句読点
    「暗夜行路」 「異端者の悲しみ」 句点 8 4 読点 16 13
     表1では句読点を含まずに、文字数を数えた。全文字数は、『暗夜行路』と『異端者の悲しみ』で特に大きな差はない。しかし、一文の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。