社会探求 居場所から青年期を考える 〜パーソナリティが偏っていることは病気か〜

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数410
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     境界性人格障害。境界例。ことばだけで聞くと特異な障害で、怖い。しかし授業を受けたとき説明を聞いて思ったのはそこらじゅうにそういう気配のある人はいるということだ。事実調べてみると人口の2パーセント、250万人の人が境界例だといわれているという。(※1)
     高校時代、私には関係ない恋愛話で悩んでいる友達が夜中に電話してきて相談をうけているときに「もう生きててもしかたない、今から死ぬから」といったようなことを言われ、こちらがあせると電話を切られ、夜中じゅう何度かそれを繰り返しこっちがまいってしまったことがある。次の日学校にいってみると、彼はケロっとしていてすごく気が抜けてしまい怒る気力がなくなってしまったことがあった。
     また違う女友だちで、昔はクラスや学年では人気者で、一見すごく魅力的なのだが好き嫌いが激しく思い込みが強く、自分を否定する人は拒絶していくので付き合っていくうちに周りが付いていけなくなってしまう人がいて、私はそんな彼女とは距離を置きながら付き合うことにしていた。
     私は彼女に「親友」と呼ばれていたので、周りは知らなかったのかもしれないが彼女が自傷したりすると報告を受けたりしていた。彼女との付き合いは中学一年から7年程続いたが、去年の夏ごろ彼女の生活に家族ぐるみで巻き込まれたことがあり、私の両親が彼女についていけなくなってしまい病院にいかせたり彼女の話をただ聞くだけでなく否定したりするようになってから全く連絡がこなくなり今では携帯すら繋がらない。以前は暫く連絡がなくても、何ヶ月かしてなにか悩みがあったりすると連絡してきたのだが今は私の親戚中と微妙な関係になってしまったのでそれもないのかもしれない。
     そんな彼らは境界性人格障害とは呼べないかもしれないが、もしそういう名前を彼らにつけて「障害」として理解しようとすれば巻き込まれた人間は少しは楽になれるのではないだろうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会探求 居場所から青年期を考える 期末レポート
    ~パーソナリティが偏っていることは病気か~
                  
    境界性人格障害。境界例。ことばだけで聞くと特異な障害で、怖い。しかし授業を受けたとき説明を聞いて思ったのはそこらじゅうにそういう気配のある人はいるということだ。事実調べてみると人口の2パーセント、250万人の人が境界例だといわれているという。(※1)
    高校時代、私には関係ない恋愛話で悩んでいる友達が夜中に電話してきて相談をうけているときに「もう生きててもしかたない、今から死ぬから」といったようなことを言われ、こちらがあせると電話を切られ、夜中じゅう何度かそれを繰り返しこっちがまいってしまったことがある。次の日学校にいってみると、彼はケロっとしていてすごく気が抜けてしまい怒る気力がなくなってしまったことがあった。
    また違う女友だちで、昔はクラスや学年では人気者で、一見すごく魅力的なのだが好き嫌いが激しく思い込みが強く、自分を否定する人は拒絶していくので付き合っていくうちに周りが付いていけなくなってしまう人がいて、私はそんな彼女とは距離を置きながら付き合うことにしてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。