行動療法の理論と技法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,450
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     行動療法は、1920年代に台頭してきた行動主義学習理論に基づいた一連の心理治療技法であり、1950年代末以降に発達した治療法である。それまでは非科学的な精神分析が主流であったが、行動療法は実証された科学的事実と理論に基づく心理療法として展開された。
     行動療法では、対象は問題行動(不適応行動)であり、これは適応行動(正常行動)と同様に学習の結果によって起こるものであるため、学習によって修正することができると考えられている。問題行動には条件づけ不足または欠如によるものと、条件づけ過剰によって起こるものとがあり、前者に対しては増加させる手段(後述の条件づけ学習に基づいた技法)、後者に対しては減少させる手段(後述の系統的脱感作法、モデリングなど)を用いる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行動療法の理論と技法
    行動療法は、1920年代に台頭してきた行動主義学習理論に基づいた一連の心理治療技法であり、1950年代末以降に発達した治療法である。それまでは非科学的な精神分析が主流であったが、行動療法は実証された科学的事実と理論に基づく心理療法として展開された。
    行動療法では、対象は問題行動(不適応行動)であり、これは適応行動(正常行動)と同様に学習の結果によって起こるものであるため、学習によって修正することができると考えられている。問題行動には条件づけ不足または欠如によるものと、条件づけ過剰によって起こるものとがあり、前者に対しては増加させる手段(後述の条件づけ学習に基づいた技法)、..

    コメント3件

    hn830928 購入
    大変参考になります
    2006/03/28 18:20 (10年8ヶ月前)

    herohero 購入
    参考になりました。
    2007/03/06 10:20 (9年9ヶ月前)

    bigatom 購入
    大変参考になりました
    2008/07/31 20:17 (8年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。