うつ病の予防と対処法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数883
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     うつ病とは、何らかの原因で気分が落ち込み、生きるエネルギーが乏しくなって、その結果、心身に不調があらわれる病気である。うつ病は、日本人の5人に1人が 一生のうちに一度は経験するといわれており、誰にでも起こりうる病気である。うつ病が自殺につながるケースも少なくない。
     うつ病の原因には、出産、進学、傷心といった環境の変化が考えられるが、特にその中の「不安」という感情がうつ病と密接に関係しているのではないか。うつ病の症状と「不安」を感じたときの症状を比べてみると、焦燥感を感じる、集中できない、身体に慢性的な痛みを感じる、睡眠異常などの共通点が多く見られる。よって私は、「不安」とうつ病は裏表の関係で、いずれか一方を引き起こすと 他方も生じやすくなると考える。また、性格もうつ病発症に大きな影響を与えているようだ。世間一般にいう「性格の良い人」タイプ(人情が厚い、世話好き、責任感がある、友好的などの性格を持つ)や、「優等生タイプ」(真面目、努力家、完璧主義などの性格を持つ)の人がうつ病になりやすいといわれている。
     では、うつ病にならないためにはどうすればよいのだろう。環境を変化させないというのはなかなか難しい。「不安」が、人が生きていくための一種の防衛反応である以上、「不安」を取り除くことも容易ではない。性格もそう簡単には変えられまい。そこで必要になってくるのが、自分の性格を知るということである。例えば、自分が真面目で几帳面だということがわかっていると、普段から無理をせず 心にゆとりを持たせる、ストレスの原因となるものを避けるといった対処が可能になる。また、他人の目を気にし過ぎないようにし マイペースな生活を心がける、心身に疲れがたまらないよう 十分休養をとることも必要である。さらに、家族や友人と話す時間をつくることで、自分1人で負担を抱え込まないようにすることもできる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    うつ病の予防と対処法
    うつ病とは、何らかの原因で気分が落ち込み、生きるエネルギーが乏しくなって、その結果、心身に不調があらわれる病気である。うつ病は、日本人の5人に1人が 一生のうちに一度は経験するといわれており、誰にでも起こりうる病気である。うつ病が自殺につながるケースも少なくない。
    うつ病の原因には、出産、進学、傷心といった環境の変化が考えられるが、特にその中の「不安」という感情がうつ病と密接に関係しているのではないか。うつ病の症状と「不安」を感じたときの症状を比べてみると、焦燥感を感じる、集中できない、身体に慢性的な痛みを感じる、睡眠異常などの共通点が多く見られる。よって私は、「不安」とうつ病は裏表の関係で、いずれか一方を引き起こすと 他方も生じやすくなると考える。また、性格もうつ病発症に大きな影響を与えているようだ。世間一般にいう「性格の良い人」タイプ(人情が厚い、世話好き、責任感がある、友好的などの性格を持つ)や、「優等生タイプ」(真面目、努力家、完璧主義などの性格を持つ)の人がうつ病になりやすいといわれている。
    では、うつ病にならないためにはどうすればよいのだろう。環境を変..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。