古代ギリシャ人の考えた万物の根源

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,513
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    古代ギリシャ人の考えた万物の根源
     
    長い人類の歩みの中で、数学を含む自然科学が飛躍的に発展し始めたのは、今からおよそ2千数百年前の紀元前600年頃、古代ギリシアにおいてであった。その後古代ギリシア科学は、900年にも渡りめざましく発展していった。古代ギリシア科学は、それ以前の宗教的自然観でなく、呪術的なものでもない考え方で、新しい自然観の元となるものであり、現代の自然科学の基礎を明確にしたという意味で自然学と呼ばれる。この自然観こそ、初めて自然科学的な考えに基づくものであった。
     この自然観を最初に明らかにしたのは、「最初の哲学者」タレス(紀元前640年頃~546年頃)であり、自然の理解で最..

    コメント3件

    remix3752 購入
    もう少しボリュームがほしい。
    2007/01/06 17:37 (9年11ヶ月前)

    04gs105 購入
    同じく、内容を深くして欲しい。
    2007/03/15 17:25 (9年8ヶ月前)

    popo08112008 購入
    わかりやすかったです。
    2007/05/25 18:37 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。