日本の健康を考える

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数655
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    日本の健康を考える
     日本は、平均寿命世界一の国である。この長寿を支えているのは、日本人のスリムな体型、ヘルシーな和食、少ないアルコール摂取量、女性の低い喫煙率、医療・保険制度の充実、衛生管理、医療レベルの充実、交通の充実、高い生活水準、良い治安、健康に対する国民の意識などが考えられるが、これらの基盤となるものは、高い経済力と、平和と平等と健康が大好きな国民性であろう。そして日本は、平均寿命と非常によく相関する健康寿命においても世界一を誇っている。健康寿命は、「一生の中で、介護が不要で健康に生活できる期間」と解釈されているのが一般的である。
     しかし、日本を「世界一の健康国」ということができるだろうか。WHO(World Health Organization:世界保健機関)は、健康を「肉体的、精神的および社会的に完全に良好な状態にあることで、単に疾病または虚弱でないということではない」と定義している。この定義に従って日本の健康を考えたとき、「肉体的」については衛生管理や医療レベルの充実、「社会的」については高い生活水準や治安の良さから、「肉体的」と「社会的」については、ある程度健康であるといえる。「精神的」な健康はどうか。日本の死因の第6位は自殺であり、日本は世界有数の自殺国である。国民1億2000万人の内、3000人もが自ら命を絶つ日本は、精神的に病んでいる。
     なぜこんなにも日本人は自殺をしてしまうのか。その原因の一つに、ストレスがある。日本人は、受験戦争に始まり、学校に入っても成績争い、就職しても営業成績を争うという、超競争社会の中に生きている。また、日本人は悪口や噂を言い合い、いじめ合い、責任を押し付け合い、周囲を気にせずにはいられない世界を自らの手で作り出している。このような世界でストレスを感じないわけが無い。自殺の原因のもう一つは、日本人の日常生活の中には面白いことが少ないということである。というのは、今、日本は空前のお笑いブームだからである。流行というものは、多くの人間が求めなければ流行にならない。多くの人間が「笑い」を求めているということは、「笑い」足りない、つまり日常生活において「笑える」ことが少ないということである。このようなイライラする、しかも面白くない生活から逃げ出したくなるのは当然のことであるが、逃げ出す方法に自殺という手段を選択する人が多いことは黙視できない。自殺の1/3以上はうつ病が原因であるといわれているが、秋田県のある町は、自殺の危険性が高い人への個別相談、保健師の訪問指導、パンフレットの配布、医療機関への紹介などの対策を行い、自殺者を減少させた。このことは、うつに対するわずかな知識、わずかな努力で自殺は減るという可能性を示唆している。このように、日本は全国を挙げて、自殺という難題に対してできることから始めるべきである。
    また、自殺だけでなく、殺人も問題である。テロなどによる殺人は外国に比べ少ないが、最近の日本では、親が子供を殺す、またはその逆、少年が同級生を殺すという事件をよく耳にする。その原因は、自殺と同様、ストレスである。いじめられるのが嫌でいじめっ子を殺す、うるさい親を殺す、泣き止まない赤子を殺すといったように、ストレスから開放されるために、そのストレスの原因を殺す手段を選ぶ人間が、最近の日本には多い。殺人という選択肢が身近になってしまったのは、漫画や映画、小説などの影響が大きい。最近の話題作を見てみると、殺人をテーマにしたストーリーが多い。TVゲームでも、敵キャラクターを殺すようなものが多い。このよう

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の健康を考える
     日本は、平均寿命世界一の国である。この長寿を支えているのは、日本人のスリムな体型、ヘルシーな和食、少ないアルコール摂取量、女性の低い喫煙率、医療・保険制度の充実、衛生管理、医療レベルの充実、交通の充実、高い生活水準、良い治安、健康に対する国民の意識などが考えられるが、これらの基盤となるものは、高い経済力と、平和と平等と健康が大好きな国民性であろう。そして日本は、平均寿命と非常によく相関する健康寿命においても世界一を誇っている。健康寿命は、「一生の中で、介護が不要で健康に生活できる期間」と解釈されているのが一般的である。
     しかし、日本を「世界一の健康国」ということができるだろうか。WHO(World Health Organization:世界保健機関)は、健康を「肉体的、精神的および社会的に完全に良好な状態にあることで、単に疾病または虚弱でないということではない」と定義している。この定義に従って日本の健康を考えたとき、「肉体的」については衛生管理や医療レベルの充実、「社会的」については高い生活水準や治安の良さから、「肉体的」と「社会的」については、ある程度健康で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。