機会の平等と裸の資本主義と自分の課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数160
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の社会は格差社会であるといわれ,さまざまな面から問題視されていることは周知の事実である.また,それを単一的な方法で解決できないと言うことも既に国民も政府も気づいている.このような状況で格差を狭めるために教職になにができるか,私に何が出来るかということを考えた.
    格差がある現代の社会に対して教職者ができるということは一つしかない.「自分の受け持った生徒をすべて格差の『上の方』にいれるように教育すること」である.悲しいことではあるが教職者にはこれしかできないのである.格差の『上の方』にいれるような教育をすれば,格差社会のどこにでも行けるという「機会」を与えることができるのだ.むしろ,現代の「裸..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。