組合せ回路と順序回路

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数32
閲覧数195
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    組合せ回路と順序回路

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    -
    1
    -
    1
    はじめに
    この実験の目的は,ディジタル回路の論理設計において基礎となる
    2
    値論理素子の働きと
    論理回路設計の基礎となる考え方を理解することである.実験では,記憶のない論理回路
    (

    合せ回路
    )
    と記憶のある論理回路
    (
    順序回路
    )
    のそれぞれについて回路の実現に必要な知識を
    習得する.論理回路を製作するとき,はじめにその回路の仕様が与えられる.工学的観点か
    らすれば,その仕様通りの動作をする論理回路をいかに簡潔にかつ冗長なく実現するかが要
    求される.これを常に念頭に置きながら,組合せ回路については,論理関数の標準形,回路
    の簡略化
    ,順序回路については,記憶素子であるフリップフロップ
    (flip
    -
    flop)
    の働き,回路
    の動作を表す状態遷移図をはじめ,乱数発生回路,除算器やカウンタに関する実験を行う.
    2
    組み合わせ回路
    2.1
    2
    値論理回路
    回路はその入力信号と出力信号との対応関係を定めるもので,連続的な値を取る信
    号に対して応答する回路と離散的な値を取る信号に対してのみ応答するものとに大
    別される.前者はアナログ回路,後者は論理回路あるいはディジタル..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。