「校則」の厳格化の是非

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数566
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート教育学校則学校厳格化教育

    代表キーワード

    教育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「校則」の厳格化の是非
     現在日本では、数えられないほどの学校が存在するが、校則というのはそれぞれの学校によって様々である。制服から髪の色、髪型まで厳しく指定する学校もあれば、私が通っていた同志社国際のように事実上の校則は「上履きをはくこと」のみというような学校もある。校則はいったい何のために存在するのか。そして校則を厳しくするのに意味があるのか。私は校則を厳しくすることには反対である。以下の段落ではその理由を示すとともに、校則厳格化賛成派の意見も検証しそれに対する矛盾点もあげていきたい。
     では、校則を厳しくすることがなぜいけないのか。第一の理由としては、自由が失われてしまうからである。自由..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。