行政と経営の相違について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数290
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     今日、「市場の原理」と「国家の論理」とは、しばしば対立的な様相を見せる。国家は誰か特定の人間の利益を目指すものではなく、公共性を目的としている公的なことに対し、市場は利益獲得を目的としている私的なものである。市場の原理に任せっぱなしにしておくと格差が生じるため、公の概念により、市場に正義・公共性で入り込み格差是正を図ろうとするのが行政である。しかし、格差をなくしていこうとすれば、経済効率が悪くなってしまう。この二つの論は互いに同じ権利を持って主張される。では、この効率概念を無視することなく格差をなくすという二律背反をどのように解決していくべきか。
     行政の歴史として、戦前にアメリカで科学的管理法というものが作られた。F・テイラーが唱えたもので、「科学的管理法」の目的は、労使協調の双方の繁栄、とされる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「行政と経営の相違について」
     
     今日、「市場の原理」と「国家の論理」とは、しばしば対立的な様相を見せる。国家は誰か特定の人間の利益を目指すものではなく、公共性を目的としている公的なことに対し、市場は利益獲得を目的としている私的なものである。市場の原理に任せっぱなしにしておくと格差が生じるため、公の概念により、市場に正義・公共性で入り込み格差是正を図ろうとするのが行政である。しかし、格差をなくしていこうとすれば、経済効率が悪くなってしまう。この二つの論は互いに同じ権利を持って主張される。では、この効率概念を無視することなく格差をなくすという二律背反をどのように解決していくべきか。
     行政の歴..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。