NPMとパブリックガバナンスについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数711
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     民間企業の経営手法等を可能な限り公的部門に導入するNPM理論は、行財政の現場で形成されたマネージメント理論であり、経済成長の鈍化やそれに伴う財政赤字の拡大、少子・高齢化に伴う行政サービスの多様化を背景に、80年代半ば以降、英国やニュー時ランドなど諸外国において形成され、アングロサクソン系を中心とした工業先進諸国政策転換に大きな影響を与えることとなった。
     ことに、79年に誕生したサッチャー政権において、民主化政策などを進める思想的根幹となったことはよく知られている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
    「NPMとパブリックガバナンスについて」
     
     民間企業の経営手法等を可能な限り公的部門に導入するNPM理論は、行財政の現場で形成されたマネージメント理論であり、経済成長の鈍化やそれに伴う財政赤字の拡大、少子・高齢化に伴う行政サービスの多様化を背景に、80年代半ば以降、英国やニュー時ランドなど諸外国において形成され、アングロサクソン系を中心とした工業先進諸国政策転換に大きな影響を与えることとなった。
     ことに、79年に誕生したサッチャー政権において、民主化政策などを進める思想的根幹となったことはよく知られている。90年代、世界的な経済期間がどの国に援助すべきか決定する際に、「グットガバナン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。