「グローバル化」のもとでの国家・政治の役割と意義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,624
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     近年のコミュニケーションや交通手段の飛躍的発達は、国境を越えた、人々の経済活動や文化交流などを盛んにしている。インターネットの普及によって、さまざまな情報は瞬時に世界に伝達され、各家庭に届き、新たな事態を引き起こす。国家はもはやこのような活動や情報の流れを押しとどめることはできない。「国境を越え、人簿と野に津上生活が地球的規模で展開される、ヒト・モノ・カネ。情報の往来の上に成り立つ」グローバル化という形をとって急激に変化する世界にあって、どのような組織、統治機構や政府、政治が仏ようとされるのか、新しいガバナンスの形が問われている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「グローバル化」のもとでの国家・政治の役割や意義について、近代以降の国家・政治と比較しながら説明せよ
     近年のコミュニケーションや交通手段の飛躍的発達は、国境を越えた、人々の経済活動や文化交流などを盛んにしている。インターネットの普及によって、さまざまな情報は瞬時に世界に伝達され、各家庭に届き、新たな事態を引き起こす。国家はもはやこのような活動や情報の流れを押しとどめることはできない。「国境を越え、人簿と野に津上生活が地球的規模で展開される、ヒト・モノ・カネ。情報の往来の上に成り立つ」グローバル化という形をとって急激に変化する世界にあって、どのような組織、統治機構や政府、政治が仏ようとされるのか、新しいガバナンスの形が問われている。そこで、近代以降の国家。政府の発展の歴史をたどりながら考えたい。
     そもそも、国家は、絶対主義の時代、軍隊・警察といった物理的暴力装置を独占し、官僚機構を備えた権力機構として誕生した。この国家は、市民革命を経て近代市民国家として発展して行った。近代国家の機能は、自由放任主義、経済的自由主義の考え方に基づき、財産権の保障を中核とする法秩序の維持、治安確保、外交..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。