日米教育制度の比較

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数9,761
ダウンロード数58
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     アメリカの文化と日本の文化を比較する上で今回は教育について比較を行なって行きたいと思う。
     まずはアメリカと日本の教育制度について比較していきたいと思う。アメリカの教育制度は日本の教育制度とは大きく違ってくる点がいくつもある。まず根本的に違う点はアメリカには教育制度が全国共通でないという点である。日本は北海道から沖縄までどの県であろうと義務教育制度は小学校6年間、中学校3年間、高等学校3年間と共通である。それに比べアメリカは州によって、また学区によっても制度は異なります。例えば、アメリカ東部・デラウェア州デルマー学区では、幼稚園(Kindergarten)年長1年間、小学校5年間、中学校3年間、高校4年間の1−5−3−4制で、高校修了までが義務教育になっている。
     幼稚園で比較してみても大きな違いがある。それは、日本は幼稚園といえば3歳児クラス、4歳児クラス、5歳児クラスの3学年があり、義務教育ではない。それに対してアメリカは幼稚園(Kindergarten)というと5歳から小学校に入るまでの1年間のことで、しかも義務教育なのである。アメリカにおける日本的な考えの幼稚園はNursery School又はPre-Schoolといった3~4歳児が通う幼稚園(Kindergarten)以前に通うほとんどが私立の学校のことらしい。私は幼稚園に関していえば日本の教育制度のほうが良いと思った。なぜなら、幼稚園から義務教育というのはなにか縛られているようにも感じられたためである。義務教育というのはきちんとした勉強、社会に出て行くために必要な学習をする小学校からでいいと思った。たしかに幼稚園でも小さい子なりの世間を学べることがいっぱいあるとは思うが、やはりそれを義務化してしまうのはどうかと考える。おそらくアメリカの幼稚園(Kindergarten)が1年間なのは、小学校に入るまでの準備期間といった感じなのだろうがそれなら別に義務教育じゃなくても出来るのではと思った。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     アメリカの文化と日本の文化を比較する上で今回は教育について比較を行なって行きたいと思う。
     まずはアメリカと日本の教育制度について比較していきたいと思う。アメリカの教育制度は日本の教育制度とは大きく違ってくる点がいくつもある。まず根本的に違う点はアメリカには教育制度が全国共通でないという点である。日本は北海道から沖縄までどの県であろうと義務教育制度は小学校6年間、中学校3年間、高等学校3年間と共通である。それに比べアメリカは州によって、また学区によっても制度は異なります。例えば、アメリカ東部・デラウェア州デルマー学区では、幼稚園(Kindergarten)年長1年間、小学校5年間、中学校3年間、高校4年間の1-5-3-4制で、高校修了までが義務教育になっている。
     幼稚園で比較してみても大きな違いがある。それは、日本は幼稚園といえば3歳児クラス、4歳児クラス、5歳児クラスの3学年があり、義務教育ではない。それに対してアメリカは幼稚園(Kindergarten)というと5歳から小学校に入るまでの1年間のことで、しかも義務教育なのである。アメリカにおける日本的な考えの幼稚園はNurser..

    コメント3件

    km1221 購入
    わかりやすかった
    2007/05/08 23:21 (9年7ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2007/06/13 12:07 (9年6ヶ月前)

    aa777aa 購入
    まあまあ
    2007/07/05 18:01 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。