日英文化比較

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数3,346
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    イギリス文化と日本文化を比較するにあたって、いくつかに分けて意見を述べていこうと思います。
    ・ 階級制度について
     イギリス文化と日本文化の相違点の1つとして挙げられるのが階級制度です。今日、イギリスには階級社会があり、大まかに分けて上流階級、中産階級、労働者階級となっている。日本にも、明治時代に四民平等が制定されるまでは士農工商の身分制度などが歴史上でいくつかあったが、現在は存在していない。この点がイギリス文化と日本文化の明らかな違いではないかと思う。
     日本では明治時代に表面上では身分制度が消えたが、実際には華族制度が設けられていた。私はこの制度が今日のイギリスの階級に似ているという風な印象を受けました。
     では、階級制度はあったほうが良いかどうかと考えると、私はあまり無いほうが良いという考えです。その理由として、イギリスでは階級制度がある所為か仕事場などで上下の関係があまり良いという点が挙げられます。そのため、日本と比べればはるかにストライキなどのトラブルの発生率が高いのである。
     現在の日本には華族制度も第2次世界大戦後にアメリカの政策により廃止されたので身分制度は一切存在しないが、それでもやはり多少上下の差を感じることがある。それなのに、イギリスと比べて上下関係のトラブルが少ないのは明確に身分制度を廃止しているからではないかと思う。よって、私は階級制度は無いほうがいいと思います。
    ・ 宗教の考え方について
     イギリス文化と日本文化でまったく正反対のものとして、宗教に関する考え方が挙げられます。基本的に無宗教だと言われている日本人に対し、イギリス人は多くが国教の受洗を受けている。イギリスの国教とは英国教会のことで、この宗教は当時国王であったヘンリー8世がキャサリン王妃との間で男子の王位継承者を得られなかったため、離婚しようとしたがローマカトリック教会は認めてくれなかったため、自国の教会をローマ教皇の支配から切り離して出来た宗教である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テーマ イギリス文化と日本文化の比較
    イギリス文化と日本文化を比較するにあたって、いくつかに分けて意見を述べていこうと思います。
    階級制度について
     イギリス文化と日本文化の相違点の1つとして挙げられるのが階級制度です。今日、イギリスには階級社会があり、大まかに分けて上流階級、中産階級、労働者階級となっている。日本にも、明治時代に四民平等が制定されるまでは士農工商の身分制度などが歴史上でいくつかあったが、現在は存在していない。この点がイギリス文化と日本文化の明らかな違いではないかと思う。
    日本では明治時代に表面上では身分制度が消えたが、実際には華族制度が設けられていた。私はこの制度が今日のイギリスの階級に似ているという風な印象を受けました。
    では、階級制度はあったほうが良いかどうかと考えると、私はあまり無いほうが良いという考えです。その理由として、イギリスでは階級制度がある所為か仕事場などで上下の関係があまり良いという点が挙げられます。そのため、日本と比べればはるかにストライキなどのトラブルの発生率が高いのである。
    現在の日本には華族制度も第2次世界大戦後にアメリカの政策により廃止され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。