人格形成において、遺伝要因と環境的要因がそれぞれ発達過程においてどのように作用するかを考察せよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,394
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「人格形成において、遺伝要因と環境的要因がそれぞれ発達過程においてどのように作用するかを考察せよ」

     日本のことわざに、「蛙の子は、蛙」「子どもは、親の背中を見て育つ」ということわざがある。人格形成において、子どもは生まれる前より遺伝的に人格が形成されてしまっているのだろうか。それとも、生後、子どもたちを取り巻く環境により、人格は変化し、形成されていくのだろうか。この二大要因の議論は古くから心理学の中で行われてきた。今回は、この2つの要因が子どもたちの発達において、どのように作用し、そしてどのように人格が形成されていくのかを述べたいと思う。
     人格は人間が生まれ、発達するにつれて、それぞれの時期の生活体験を通して形成されると考えられる。まずは、古くからある遺伝的要因から見ていく。
    遺伝的要因は、「気質は素質的なものとして、体質に強く規定されている」とされ、クレッチマーは体格気質類型論を唱えた。体質は遺伝によって大部分が決定されると考える。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「人格形成において、遺伝要因と環境的要因がそれぞれ発達過程においてどのように作用するかを考察せよ」
     日本のことわざに、「蛙の子は、蛙」「子どもは、親の背中を見て育つ」ということわざがある。人格形成において、子どもは生まれる前より遺伝的に人格が形成されてしまっているのだろうか。それとも、生後、子どもたちを取り巻く環境により、人格は変化し、形成されていくのだろうか。この二大要因の議論は古くから心理学の中で行われてきた。今回は、この2つの要因が子どもたちの発達において、どのように作用し、そしてどのように人格が形成されていくのかを述べたいと思う。
     人格は人間が生まれ、発達するにつれて、それぞれの時..

    コメント4件

    Tintin 購入
    参考になりました。
    2006/07/10 10:54 (10年5ヶ月前)

    manhattan73 購入
    探していたテーマだったので参考になりました。
    2006/07/27 0:41 (10年4ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 14:30 (10年3ヶ月前)

    asym 購入
    参考にさせて貰います
    2007/06/08 16:22 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。