千利休 死の真相

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,515
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     現在、茶道はたくさんの人々によって楽しまれている。多くの小学校に茶道部があり、日本と海外を結ぶ国際交流の手段としても、子供から大人、外国人にまで様々な人々によって親しまれている。
     そんな茶道の起源は、平安時代に遣唐使によってもたらされた。当時の茶は現代の烏龍茶に似た半、発酵茶で必要量のみを煎じて飲んだと考えられている。しかし、当時は根付かず喫茶は廃れてしまったという。鎌倉時代に、日本に禅宗を伝えた栄西や道元によって薬として持ち込まれた抹茶が、禅宗の広まりと共に精神修養的な要素を強めて広まっていた。さらに茶の栽培が普及すると茶を飲む習慣が一般に普及していった。室町時代においては飲んだ水の生産地を当てる闘水という遊戯から、闘茶という、飲んだ茶の銘柄を当てる一種の博打が流行した。又、本場中国の茶器、唐物がもてはやされ、これを使用して盛大な茶会を催すことが大名の間で流行した。これに対し、村田珠光が茶会での博打や飲酒を禁止し、亭主と客との精神交流を重視する茶会のあり方を説いた。これが、何も削るものがないところまで無駄を省いて、緊張感を作り出すわび茶の源流となっていく。このわび茶を完成させたと言われているのが社会の町衆である武野紹鴎の弟子、千利休だった。利休のわび茶は武士階層にも広まり、利休七哲と呼ばれる弟子達を生んだ。
     利休は和泉の国堺の商家の生まれ若年より茶の湯に親しみ、17歳で北向道陳、ついで武野紹鴎に師事し、京都郊外柴野の大徳寺に参禅した。織田信長が堺を直轄地にしたときに茶頭として雇われ、その後、豊臣秀吉に仕えた。1585年に北野茶会を主催し、一時は秀吉の重い信任を受けた。楽茶碗の製作、竹の花入の使用を始めるなどして、わび茶を完成へと近づけた。茶人としては名声の絶頂にあった利休は、突然秀吉の勘気に触れ、堺に帰還し閉居を命じられた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    千利休 死の真相
    現在、茶道はたくさんの人々によって楽しまれている。多くの小学校に茶道部があり、日本と海外を結ぶ国際交流の手段としても、子供から大人、外国人にまで様々な人々によって親しまれている。
    そんな茶道の起源は、平安時代に遣唐使によってもたらされた。当時の茶は現代の烏龍茶に似た半、発酵茶で必要量のみを煎じて飲んだと考えられている。しかし、当時は根付かず喫茶は廃れてしまったという。鎌倉時代に、日本に禅宗を伝えた栄西や道元によって薬として持ち込まれた抹茶が、禅宗の広まりと共に精神修養的な要素を強めて広まっていた。さらに茶の栽培が普及すると茶を飲む習慣が一般に普及していった。室町時代においては飲んだ水の生産地を当てる闘水という遊戯から、闘茶という、飲んだ茶の銘柄を当てる一種の博打が流行した。又、本場中国の茶器、唐物がもてはやされ、これを使用して盛大な茶会を催すことが大名の間で流行した。これに対し、村田珠光が茶会での博打や飲酒を禁止し、亭主と客との精神交流を重視する茶会のあり方を説いた。これが、何も削るものがないところまで無駄を省いて、緊張感を作り出すわび茶の源流となっていく。このわび茶..

    コメント1件

    sakura1220 購入
    参考になった。まとまってある
    2006/07/21 18:00 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。