日本の天皇制 女性天皇は誕生するのか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,347
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     日本政府は、女性・女系天皇を認める「皇室典範」改正案を今月20日から始まる通常国会に提出することにした。日本の皇室では1965年に天皇の次男が誕生して以来、40年間も男子が生まれていない。このままだと継承者がいなくなるという危機感が広まり、又愛子皇女が幼稚園に通う年齢になったことも考慮され、異例なまでの早さでの決定に至った。今回の天皇の後継者問題で女性天皇が誕生する可能性が急浮上したが、国内では様々な意見が飛び交っている。男性天皇しか認めないのは、女性差別撤廃に反するという意見や、女性でも男性でも違いはないなどといった意見が多く、世論の過半数以上が女性天皇に賛成している。雅子様の体調が優れない状態が続いているのも、男子を産まなければならないというプレッシャーからきているのではないかと心配の声もそれに続いている。一方、寛仁親王殿下は現在の男系維持のためには女系天皇容認だけでなく、旧皇族の復帰など様々な選択があることを認識し、今すぐ決める必要はないと批判の発言をした事がわかった。寛仁様は皇室の伝統は神話の時代から延々と男系・父系の血統で続いてきたと位置付け、この血の重みは誰にも逆らえなかったと語った。しかし過去をさかのぼると、古代日本には6人8代の女帝が存在した。それに現在天皇は日本の象徴として存在しているわけだが、これは戦後の話である。今の天皇のあり方と、過去の天皇のあり方は違うわけだから、これからの日本の新しい天皇のあり方として、女性天皇が誕生しても良いのではないか。
     古代日本では、明確な父系出自集団の欠如、家父長聖家族の未成立、女性の所有権・経営権保持、一対の男女の緩やかな結びつきなどの特質があり、女帝支配が重要な位置を占めていた。女帝の存在は例外ではなく、彼女達は妻・母役割を内面化することなく天皇位についていた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の天皇制―女性天皇は誕生するのか―
    日本政府は、女性・女系天皇を認める「皇室典範」改正案を今月20日から始まる通常国会に提出することにした。日本の皇室では1965年に天皇の次男が誕生して以来、40年間も男子が生まれていない。このままだと継承者がいなくなるという危機感が広まり、又愛子皇女が幼稚園に通う年齢になったことも考慮され、異例なまでの早さでの決定に至った。今回の天皇の後継者問題で女性天皇が誕生する可能性が急浮上したが、国内では様々な意見が飛び交っている。男性天皇しか認めないのは、女性差別撤廃に反するという意見や、女性でも男性でも違いはないなどといった意見が多く、世論の過半数以上が女性天皇に賛成している。雅子様の体調が優れない状態が続いているのも、男子を産まなければならないというプレッシャーからきているのではないかと心配の声もそれに続いている。一方、寛仁親王殿下は現在の男系維持のためには女系天皇容認だけでなく、旧皇族の復帰など様々な選択があることを認識し、今すぐ決める必要はないと批判の発言をした事がわかった。寛仁様は皇室の伝統は神話の時代から延々と男系・父系の血統で続いてきたと位..

    コメント4件

    nicework 購入
    なかなかいいね
    2006/02/07 20:26 (10年10ヶ月前)

    kabukaby 購入
    よかった
    2006/07/03 11:09 (10年5ヶ月前)

    chika 購入
    わかりやすかったです。
    参考にさせて頂きます。
    2007/02/03 18:56 (9年10ヶ月前)

    kentaro1214 購入
    よかった!
    2007/07/21 3:26 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。