キリスト教と哲学の関係について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数661
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    哲学」と聞くと難しくて堅く、とっつきにくいイメージがある。しかし、ふたを開けてみれば、ごく日常の生活や、政治、経済などの中での深い考え方を読み取る事ができる。そこで目に付くのが、神という言葉が多く登場することだ。私たちは何かの宗教に属していなくとも、又意識をしなくとも、神という存在を認めたり、感じることがある。実は一番遠いようで身近に感じているものである。哲学では、神の存在や位置づけ、神の力など、長きにわたって議論されてきている。人が何かを考え、同時に神の存在を意識することで、宗教と哲学の間には、必然的に関係性が存在するのである。
      哲学に触れて他にも気づくことがある。主に西洋の哲学だが、聖書の引用が多いことだ。普段は宗教に触れる機会も少なく、キリスト教徒でもない為聖書は手に取ったことがあるだけで詳しく読んだ事は無い。しかし、キリスト教が国教であった歴史を持つ西洋の人々にとって、キリスト教は何よりも身近なものなのであろう。キリスト教と哲学は、様々な意味で切っても切れない関係にあるといって良いと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    キリスト教と哲学の関係について
      「哲学」と聞くと難しくて堅く、とっつきにくいイメージがある。しかし、ふたを開けてみれば、ごく日常の生活や、政治、経済などの中での深い考え方を読み取る事ができる。そこで目に付くのが、神という言葉が多く登場することだ。私たちは何かの宗教に属していなくとも、又意識をしなくとも、神という存在を認めたり、感じることがある。実は一番遠いようで身近に感じているものである。哲学では、神の存在や位置づけ、神の力など、長きにわたって議論されてきている。人が何かを考え、同時に神の存在を意識することで、宗教と哲学の間には、必然的に関係性が存在するのである。
      哲学に触れて他にも気づくことがある。主に西洋の哲学だが、聖書の引用が多いことだ。普段は宗教に触れる機会も少なく、キリスト教徒でもない為聖書は手に取ったことがあるだけで詳しく読んだ事は無い。しかし、キリスト教が国教であった歴史を持つ西洋の人々にとって、キリスト教は何よりも身近なものなのであろう。キリスト教と哲学は、様々な意味で切っても切れない関係にあるといって良いと思う。
    キリスト教徒にとって真理はイエスのうちに完全に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。