投資信託とはどのような金融商品であるか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数620
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     投資信託とはどのような金融商品であるか、その性格あるいは仕組みを説明し、投資信託の国民経済上の意義を説明しなさい。
    【投資信託とはどのような金融商品であるか】
     投資信託とは、参加証券(わが刻国の場合、受益証券あるいは投資証券)を発行して複数の投資家から資金を集め、これをひとつの基金「ファンド」として運用の専門機関が有価証券や不動産などに分配投資し、その成果(運用収益)を参加証券の所有数に応じて還元する仕組みの総称である。株式や債券は値上がりを期待できるが、一方で値下がりのリスクもある。そこで投資信託では、多くの投資家の資金をまとめて大きなファンドを作り、そのファンドで数多くの株式や債券などに投資することによって、投資のリスクを少なくすることができるものである。
     アメリカの経済学者W.H.Steinerによれば投資信託の特質は以下
    ? 資金の結合
     投資信託は大小さまざまな投資家の資金を1つの基金に結合する媒体である。
    ? 純粋な有価証券投資
     投資信託は、このように結合された基金を有価証券に投資する。また、投資信託は純粋な投資を目的とするのもであって、ほかの会社が発行する証券を取得することによってその会社を支配または統制することを目的地するものではない。
    ? 分散投資
     投資信託は、元本の保全と収益の確保を図るため分散投資を行い、保有有価証券を多種多様にしている。
    ? 専門家による運用
     多くの投資信託では、専門家による投資と併せて、収益を確保するために選択投資を行い、さらに、売買益を多くし損失を少なくするために、保有有価証券の売却、買い替えも行っている。
    ? 参加証券の持ち分に応じた運用損益の帰属
     投資家の出資金は、参加証券の発行によって集められ、ファンドの運用成果(利益or収益)は、参加証券の所有数に応じて投資家に還元される。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    投資信託とはどのような金融商品であるか、その性格あるいは仕組みを説明し、投資信託の国民経済上の意義を説明しなさい。
    【投資信託とはどのような金融商品であるか】
    投資信託とは、参加証券(わが刻国の場合、受益証券あるいは投資証券)を発行して複数の投資家から資金を集め、これをひとつの基金「ファンド」として運用の専門機関が有価証券や不動産などに分配投資し、その成果(運用収益)を参加証券の所有数に応じて還元する仕組みの総称である。株式や債券は値上がりを期待できるが、一方で値下がりのリスクもある。そこで投資信託では、多くの投資家の資金をまとめて大きなファンドを作り、そのファンドで数多くの株式や債券などに投..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。