リレーションシップバンキングについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数481
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「リレーションシップバンキング」とは、地域密着型の金融機関のビジネスモデルとして、金融庁が地方銀行などに奨励しているもので、名前の通り、【リレーションシップ(=友好関係を通じた)、バンキング(=銀行取引)】である。リレーションシップバンキングは必ずしも統一的な定義は決められていないが、一般には、金融機関が取引先(顧客)と密接で良好な関係を長く保つことによって、相互の信頼関係を築き、その間に顧客に関する様々な情報を蓄積し、そうした情報を集めることによって、円滑な資金の提供や付加価値の高い融資などの金融サービスを行うという、継続性のある金融取引ビジネスモデルである。その本質としては、長期的に継続する関係の中から、借り手の信用情報を得ることにより、貸し出しに伴う貸し手、借り手双方のコストが軽減されることにある。それにより金融の円滑が図られる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「リレーションシップバンキング」
    「リレーションシップバンキング」とは、地域密着型の金融機関のビジネスモデルとして、金融庁が地方銀行などに奨励しているもので、名前の通り、【リレーションシップ(=友好関係を通じた)、バンキング(=銀行取引)】である。リレーションシップバンキングは必ずしも統一的な定義は決められていないが、一般には、金融機関が取引先(顧客)と密接で良好な関係を長く保つことによって、相互の信頼関係を築き、その間に顧客に関する様々な情報を蓄積し、そうした情報を集めることによって、円滑な資金の提供や付加価値の高い融資などの金融サービスを行うという、継続性のある金融取引ビジネスモデルである..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。