企業が為替リスクを防ぐために採る対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数8,540
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    為替リスクとは
     為替リスクとは、為替相場が変動することにより被る損失のことである。
     「円」と「外貨」の交換相場(=為替相場)は、外国為替市場によって時々刻々変動するため、外貨建ての金融商品には、為替変動によって予期せぬ損益が生じる場合がある。
     例えば10,000ドルの外貨を 1ドル=110円で購入した場合、その時点では、10,000ドル=110万円のであるが、為替相場が変動することにより、損益がでてくる。
    【為替の変動】          
    ・ 1ドル=120円(円安)になると、120万円に上昇
    ・ 1ドル=100円(円高)になると、100万円に下落
     このように、投資対象そのものの価格に変化がなくても、為替の変動次第で資産価値は大きく異なることになる。
     資産価値が上がる分にはよいが、資産価値が下がってしまうと、その額によっては莫大な損失を被ることになる。
     しかし、その額が、多いにせよ少ないにせよ損失を喜ぶものはいない。
     そこでこういった為替リスクを防ぐために企業はいくつかの対策を採っている。
    為替リスクの回避策
     【先物為替予約】 
     為替リスクを回避する手段のなかでもっとも一般的なのが先物為替予約によるカバーである。
     これは輸出入取引などの準備段階、契約時点、出荷時点など、さまざまな段階において字際に代金の決済時点に不安があるときに、事前に外貨売買予約し、リスクを回避しようとする対策である。
    【為替マリー】
     この考え方は、例えば、輸出で回収したドルを円に転換せずにドルのまま保有し、輸入の決済にドルが必要になったときに、そのドルをそのまま決済に充当するという方法である。つまり、外貨建ての債権と債務を個別に円決済せずに、双方を相殺させる形でヘッジするものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「企業が為替リスクを防ぐために採る対策」
    為替リスクとは
    為替リスクとは、為替相場が変動することにより被る損失のことである。
    「円」と「外貨」の交換相場(=為替相場)は、外国為替市場によって時々刻々変動するため、外貨建ての金融商品には、為替変動によって予期せぬ損益が生じる場合がある。
    例えば10,000ドルの外貨を 1ドル=110円で購入した場合、その時点では、
    10,000ドル=110万円のであるが、為替相場が変動することにより、損益がでてくる。
    【為替の変動】          
    1ドル=120円(円安)になると、120万円に上昇
    1ドル=100円(円高)になると、100万円に下落
    このように、投資対象そのものの価格に変化がなくても、為替の変動次第で資産価値は大きく異なることになる。
    資産価値が上がる分にはよいが、資産価値が下がってしまうと、その額によっては莫大な損失を被ることになる。
    しかし、その額が、多いにせよ少ないにせよ損失を喜ぶものはいない。
    そこでこういった為替リスクを防ぐために企業はいくつかの対策を採っている。
    為替リスクの回避策
     【先物為替予約】 
    為替リスクを回避..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。