電子商取引の現状と問題点と解決策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数7,425
ダウンロード数45
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「電子商取引」はEコマースといい(Electronic Commerce)、インターネットなどのコンピュータ・ネットワークを使ったビジネス全般のことを指す幅広い概念である。
    伝統的な商取引は、相手の顔をみながら口頭で契約を交わしたり(書面取引)、相手の顔をみずに書面を取り交わす(書面取引)のが一般だったが、電子商取引は、インターネットや携帯電話を通じデジタル化された電気信号情報がコンピュータ・ネットワークを通じて伝達される取引のことである。
    例えば、ネット上の個人商店であったり、ライブドア、楽天などのショッピングモール、ヤフーオークションなどのネットオークションなど、上げればないがないほどその取引場所はたくさんあり、それらでは各種物品、チケット販売や音楽の配信などが行われている。また企業間の部品調達取引等でも、電子化が進んでいるのが現状である。
     ここでは、私たちが一番、接することが多いであろう「インターネットショッピング」を中心にみていくことにする。
    インターネットショッピングとは、通信販売の一つの形態で、消費者がインターネット上のバーチャルショップ(仮想店舗)を見て、買いたいものがあれば、その画面上や電子メールで注文し、代金は商品との引き換えや振り込み、あるいはクレジットカードで支払うというものである。
     先にも述べたが、ネット上の個人店、ライブドアなどのショッピングモール、ネットオークションなど、ネットを開けば、いたるところに開設されている。
     インターネットショッピングの三大メリットと三大不安には次のことがあげられる。
    【メリット】               【不安要素】
    1.時間を気にせず買い物ができる      1.個人情報の漏えい、
    2.居ながらにして買い物ができる      2.クレジット番号の送信、
    3.入手しにくい商品が購入できる      3.事業者の信用性       

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「電子商取引の現状と問題点と解決策」
    「電子商取引」はEコマースといい(Electronic Commerce)、インターネットなどのコンピュータ・ネットワークを使ったビジネス全般のことを指す幅広い概念である。
    伝統的な商取引は、相手の顔をみながら口頭で契約を交わしたり(書面取引)、相手の顔をみずに書面を取り交わす(書面取引)のが一般だったが、電子商取引は、インターネットや携帯電話を通じデジタル化された電気信号情報がコンピュータ・ネットワークを通じて伝達される取引のことである。
    例えば、ネット上の個人商店であったり、ライブドア、楽天などのショッピングモール、ヤフーオークションなどのネットオーク..

    コメント3件

    gsxr400r 購入
    参考になりました
    2006/01/14 9:50 (10年11ヶ月前)

    shigumunto 購入
    まあ参考にさせてもらいます
    2006/09/03 0:58 (10年3ヶ月前)

    buddbrand 購入
    参考になりました
    2007/01/15 7:11 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。