労働組合と経営者

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数267
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    まず労使関係とはそれらのなかで最も基本的な諸関係がある労働者と使用者または経営者との間の社会関係一般を意味する。その中心となるのは労働組合とその相手方たる使用者または経営者およびその団体との関係である。現在の労使関係は昔と異なり、労働者の雇用・労働条件の決定は,もはや使用者や経営者が一方的かつ専断的に行うものではなく、労働組合の地位と機能が社会的に承認され,団体交渉制度が普及した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    まず労使関係とはそれらのなかで最も基本的な諸関係がある労働者と使用者または経営者との間の社会関係一般を意味する。その中心となるのは労働組合とその相手方たる使用者または経営者およびその団体との関係である。現在の労使関係は昔と異なり、労働者の雇用・労働条件の決定は,もはや使用者や経営者が一方的かつ専断的に行うものではなく、労働組合の地位と機能が社会的に承認され,団体交渉制度が普及した。
    しかし、使用者と労働者だけではどうしても労働者側が雇われていることもあり不利な状況に陥る問題が起こる。そのためにも政府が介入することにより三つの機関がそれぞれ互いに法的、制度的枠組みに基づいてルールを取り決めること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。