生理学レポート 光と瞳孔の関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数5,015
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    4‐(1) 瞳孔運動の計測
    ?.目的
    対光反射・共感性瞳孔反応・近見反射・精神的な興奮における瞳孔面積(直径)の変化を計測し、考察した。
    ?.方法
    1. 対光反射の観察と計測
    a.ストロボフラッシュ
    ストロボフラッシュにより、対光反射の時間的性質を観察した。
    b.光の強さと瞳孔面積の関係
    スライダックにより電圧を0V〜100Vまで上げて刺激光の照度を変えて、瞳孔径をモニターでのぎすを使って測定する。電圧が0V・10V・20V・30V…100Vのときに測定した。これを1人の被験者につき2回測定し、4人が被験者となり実験を行った。
    c.共感性瞳孔反射の観察
    片方の眼(この場合右目)だけにペンライトの光(60EV)を当てて、反対の目(左目)に共感性瞳孔反射が起こるのを観察した。
    2. 近見反射の観察
    標的となる物体(この場合ペン)を目から10cm・15?・20cm・30cm・40?・50cm・60?・70?・80?・90?・100cmと徐々に離していき、その都度瞳孔径を測定した。
    3. 精神的興奮による瞳孔径の変化
    班員が腹を出す、大声を出す、手をつねる、首筋に氷を当てたなど精神的興奮を与えたとき、瞳孔径がどのように変化するかを観察した。
    ?.結果・考察
    1. 対光反射の観察と測定
    a.ストロボフラッシュ
    ストロボフラッシュをあててから対光反射の起こる時間を計測した結果,以下のようになった。(時間の単位は秒)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    4‐(1) 瞳孔運動の計測
    Ⅰ.目的
    対光反射・共感性瞳孔反応・近見反射・精神的な興奮における瞳孔面積(直径)の変化を計測し、考察した。
    Ⅱ.方法
    対光反射の観察と計測
    a.ストロボフラッシュ
    ストロボフラッシュにより、対光反射の時間的性質を観察した。
    b.光の強さと瞳孔面積の関係
    スライダックにより電圧を0V~100Vまで上げて刺激光の照度を変えて、瞳孔径をモニターでのぎすを使って測定する。電圧が0V・10V・20V・30V…100Vのときに測定した。これを1人の被験者につき2回測定し、4人が被験者となり実験を行った。
    c.共感性瞳孔反射の観察
    片方の眼(この場合右目)だけにペンライトの光(60EV)を当てて、反対の目(左目)に共感性瞳孔反射が起こるのを観察した。
    近見反射の観察
    標的となる物体(この場合ペン)を目から10cm・15㎝・20cm・30cm・40㎝・50cm・60㎝・70㎝・80㎝・90㎝・100cmと徐々に離していき、その都度瞳孔径を測定した。
    精神的興奮による瞳孔径の変化
    班員が腹を出す、大声を出す、手をつねる、首筋に氷を当てたなど精神的興奮を与えたとき、瞳孔径が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。