快適な寝室環境

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数591
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     快適な寝室環境について調べました。快適な寝室環境には音、温度、湿度、光、寝具などの条件があります。ここでは、どんな条件が快適であるのか調べました。 
    音について
     まず音について調べました。どのくらいの音だと邪魔になるのか?は、音による覚醒閾値、個人差、意味のある音、年齢、性差、慣れの事項を考慮する必要があります。
     音による覚醒閾値ですが、これは睡眠段階により異なっています。睡眠段階は睡眠状態をレム睡眠とノンレム睡眠4段階の計5段階に分類したものです。
     通常の睡眠段階では段階1がもっとも浅く、小さい音刺激で覚醒させることができます。
     個人差ですが、睡眠段階が同じでも刺激音に対する覚醒閾値には個人差があります。みなさんのなかにも、どんなに大きな音でも目を覚まさない人もいれば、かすかな音でも目覚めてしまう人がいるでしょう。この覚醒しやすい人は交感神経緊張の状態が続いていると考えられます。
     次に意味のある音についてですが、よく知られていることに嵐の中で雷がなっても目を覚まさない母親が、隣の部屋の赤ん坊の泣き声で目を覚ますという話がある。これは眠っていても意味のある音とそうでない音を区別し、適切に反応することを示している。
     次に年齢ですが、老人になると聴力は低下するが、睡眠時には若い人より音に敏感になっている。これは老人が中途覚醒、浅い睡眠段階が多くなっているからである。
     次に性差ですが、女性のほうが騒音に対し敏感であるとされています。
     また、慣れについてですが、騒音下で生活している人の睡眠を調べた結果がある。半数は空港に近い騒音の影響下にあるもので、半数はかんせいな住宅街に住んでいるものである。前者の睡眠では後者に比べて覚醒が多く、実際に睡眠が障害されて入ることがわかりました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    快適な寝室環境について調べました。快適な寝室環境には音、温度、湿度、光、寝具などの条件があります。ここでは、どんな条件が快適であるのか調べました。 
    音について
    まず音について調べました。どのくらいの音だと邪魔になるのか?は、音による覚醒閾値、個人差、意味のある音、年齢、性差、慣れの事項を考慮する必要があります。
    音による覚醒閾値ですが、これは睡眠段階により異なっています。睡眠段階は睡眠状態をレム睡眠とノンレム睡眠4段階の計5段階に分類したものです。
    通常の睡眠段階では段階1がもっとも浅く、小さい音刺激で覚醒させることができます。
    個人差ですが、睡眠段階が同じでも刺激音に対する覚醒閾値には個人..

    コメント1件

    kazuhiro1109 購入
    ok
    2006/09/04 0:05 (10年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。