『一分間意思決定』を読んで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数417
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    私が生きてきた二十年間のなか、決断を迫られたことは数え切れないというか、高校進学、大学進学など大きなものもあるが、ほとんど毎日がYES、NOの決断をしなければ生きていけないほど自分の意思決定というものは人生の中でとても重要なことであるとこの本を読んであらためて感じた。
    この本は決断力を付けるための秘訣が書かれている。まず一つ目は「自分の道を見つける」ことである。今現在進められている決断について、間違っていると気づいたのならすっぱり止め、また違う決断を下すことが重要である。しかし、人間というのは変化を恐れるものである。ほかにも自分のみちを見つけるためには、結論を急がず全ての道のことを考えるということである。このことをすれば何も考えず進むより良いほうに進むことが多くなるはずであるし、もし違う道をいっていたら・・・など考えないのではと私は思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

         『1分間意思決定』を読んで
    私が生きてきた二十年間のなか、決断を迫られたことは数え切れないというか、高校進学、大学進学など大きなものもあるが、ほとんど毎日がYES、NOの決断をしなければ生きていけないほど自分の意思決定というものは人生の中でとても重要なことであるとこの本を読んであらためて感じた。
    この本は決断力を付けるための秘訣が書かれている。まず一つ目は「自分の道を見つける」ことである。今現在進められている決断について、間違っていると気づいたのならすっぱり止め、また違う決断を下すことが重要である。しかし、人間というのは変化を恐れるものである。ほかにも自分のみちを見つけるためには、結論を急がず全ての道のことを考えるということである。このことをすれば何も考えず進むより良いほうに進むことが多くなるはずであるし、もし違う道をいっていたら・・・など考えないのではと私は思う。
     二つ目に「頭を働かせる」ということである。まず色々なことを知り、選択の幅を広げることが重要である。私たちは、問題にぶつかると今現在分かっている情報だけを頼りに決断してしまう。しかし、あらかじめ色々な情報があるの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。