ADHDについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数729
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ADHD
     ADHDとは、Attention−Deficit Hyperactivity Disorder の略で、注意欠陥多動性障害と呼ばれ、明らかな脳障害がないにもかかわらず、精神年齢に比して不適当な注意力の障害、衝動性、他動性を示す子供たちのことをさす。
     診断基準は、主に、注意力障害、他動性、衝動性、の3つの基準から診断する。
     発症年齢は、幼児期早期までに行動面での問題が出現するが、相談に来る年齢は二つに分かれ、一つは3、4歳頃で、主にことばの遅れで来る。もう一つは、就学後で、集団生活に入り、集団生活が破綻する形で問題視され、来る。
    有病率は3%程度。
     成因は、基本的には脳の発達障害が背景と考えられているが、4分の1は虐待を代表とする劣悪な養育環境要因によって起こっていると考えられている。このため、注意欠陥多動性障害は発達障害の中からはずされている。
     症状は、注意力の障害というのは、一つのことがらに注意が集中できない、気が散りやすいということである。しかし、自分が興味のあるものにはある程度集中できる場合が珍しくない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ADHDについて
    ADHD
    ADHDとは、Attention-Deficit Hyperactivity Disorder の略で、注意欠陥多動性障害と呼ばれ、明らかな脳障害がないにもかかわらず、精神年齢に比して不適当な注意力の障害、衝動性、他動性を示す子供たちのことをさす。
    診断基準は、主に、注意力障害、他動性、衝動性、の3つの基準から診断する。
    発症年齢は、幼児期早期までに行動面での問題が出現するが、相談に来る年齢は二つに分かれ、一つは3、4歳頃で、主にことばの遅れで来る。もう一つは、就学後で、集団生活に入り、集団生活が破綻する形で問題視され、来る。
    有病率は3%程度。
    成因は、基本的には..

    コメント2件

    riri210 購入
    レポートでなく、ただの症例についてだけ。対応法も問題もまったく詳しくない。
    2006/12/15 18:03 (10年前)

    17chu05ku 購入
    わかりやすかったです
    2007/01/08 19:20 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。