教育基本法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数652
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育基本法
    キーワード
    1947年、全11ヶ条、法の支配の原則、人格の完成、教育を受ける権利の保障、公権力の介入の制限、教育の自主性、教育改革国民会議
    1947年に制定、施行された、戦後日本の教育に関する基本的なあり方を述べた法律で、全11ヶ条からなる。これと矛盾する法律規定を無効にするほどの効力は持たないが、教育関係法令の立法にあたっては、同法の趣旨に沿ってつくられなければならない、とされる。
    戦前の教育の勅令主義と教育勅語体制による極端な国家主義を反省し、法律主義に基づいて、教育制度における法の支配の原則を明らかにし、前文と第1条において人格の完成を教育の第一の目的とした。憲法第26条に基..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。