ルソーの教育思想

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数4,195
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ルソーの教育思想
    自作作文
    ルソーはこれまでのキリスト教的世界観、つまり人間は生まれながらに罪深い存在であり、その罪を悔い改めながら生きていかなければならない、という考え方を真正面から批判した啓蒙思想家の一人で、人間は生まれながらに悪ではなく、生まれたときは皆善であり、社会が人間を悪に仕立て上げるのだと考え、また子どもには子ども特有の世界があり、そしてそれは成長に応じて異なってくるという子ども期の存在を発見し、発達の概念を初めて導入した。そしてそのような思想に基づき、子どものもつ能力を最大限発揮させるためには早くに社会から隔離し、理想的な環境の中で育てていかなければならないことを主張した。
    結..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。