コメニウス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,085
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    思想世界知識コメニウス

    代表キーワード

    思想コメニウス

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コメニウス(1592~1670)
    彼が生きた当時のヨーロッパでは、ハプスブルグ家の支配、30年戦争、ペストの大流行などによって民衆は苦しい生活を余儀なくされていた。そのような状況下でコメニウスは、民衆を貧困から解放し、苦しみのない王国をつくるためには民衆にも教育が必要であると考え、そのための教育のあり方を考えた。そのような彼の思想を支えたものは、メシア思想を内にもつキリスト教的な世界観であった。
    彼は「大教授学」と世界初の挿絵入りの教科書「世界図会」を、ラテン語だけでなく母国語版も出版することによって、知識を一部の人間の独占から開放し、すべての人々が共有できるようになることを意図した。これは、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。