介護学校等の特色

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数366
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    盲学校・聾学校・養護学校の特色
     日本では、傷害に配慮した教育機関として、?盲・聾・養護学校、?特殊学級(小・中学校に設置)、?通教による指導(小・中学校に在籍しながら、通教指導教室で指導を受ける)の3通りがある。
     盲・聾・養護学校では、次のような障害を持った子どもたちが学んでいる。
     盲学校では「盲児・強度弱視児」、聾学校では「聾児・高度難聴児」が学んでいる。養護学校は3種類あり、知的障害養護学校では「知的発達の遅れが著しい子ども等」が学ぶ。肢体不自由養護学校では,「運動・動作の著しく困難な子ども等」、病弱養護学校では、「疾患・身体虚弱のため継続して医療又は生活規制を必要とする子ども等」が学んでいる。
     それではこれらの学校ではどのような教育がなされているのか大きく6つの特色を見ていきたい。
     一つめは、子ども一人一人の障害の状態や、発達段階が異なるため、個別に指導計画を立て、「子に応じた指導」を行っている。そこでは、将来を見通して「今、何が必要か」という視点で指導内容が決められている。
     二つめに、きめ細かな手厚い教育をするために、「少人数で学級を編成」している。例えば、学級編成の標準は1学級6人である。
     三つめに、近年の傾向を受け、コンピュータや情報通信ネットワークを授業に活用し、発生・発語の訓練や交流などで「教育機器の活用」が行われている。
     四つめに、意欲興味を持って学習し内容を習得しやすくするためには「教材・教具の創意工夫」が行われている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    盲学校・聾学校・養護学校の特色
     日本では、傷害に配慮した教育機関として、①盲・聾・養護学校、②特殊学級(小・中学校に設置)、③通教による指導(小・中学校に在籍しながら、通教指導教室で指導を受ける)の3通りがある。
     盲・聾・養護学校では、次のような障害を持った子どもたちが学んでいる。
     盲学校では「盲児・強度弱視児」、聾学校では「聾児・高度難聴児」が学んでいる。養護学校は3種類あり、知的障害養護学校では「知的発達の遅れが著しい子ども等」が学ぶ。肢体不自由養護学校では,「運動・動作の著しく困難な子ども等」、病弱養護学校では、「疾患・身体虚弱のため継続して医療又は生活規制を必要とする子ども等」が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。