体育の可能性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数414
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    安全に関する学習指導上に占める「体育」の重要性
     2002年度に完全実施された学習指導要領で安全に関して述べられているのは、総則の第1の3、図画工作科、体育科、社会科、道徳、学校行事などである。このことからも、「生命の尊重にかかる自己および他人の安全を確保する」ための基本的な安全教育は学校教育において大きな位置を占め、学校教育全体に渡って行われなければならないことが分かる。
     テキストによれば(p88)小学校における災害発生の割合は休憩中が最も高く、次いで教科、それも体育科の授業中が最も高いことが現れている。この実態については、休憩中、児童の危険に対する予知能力が低く、身体支配の能力が未熟であるということが原因として考えられる。体育科では、身体の支配をより良く行うことが目標であるため、そうした危険と常に隣り合わせであるので、災害発生の割合も他教科に比べて高い。これらのことから、体育科において児童に安全教育を行うことは大変な意義があり、体育科以外の時間や休憩中の災害発生を防ぐために、児童が安全に対する知識・理解をし、態度として予知能力を含めた安全能力を身に付ける絶好の機会であるといえる。この点において体育科は各教科の中でも、その性質上、安全教育に特化した教科であると考えられる。
     2002年度実施学習指導要領では、体育科の目標は「心と体を一体としてとらえ、適切な運動の経験と健康・安全についての理解を通して、運動に親しむ資質や能力を育てるとともに、健康の保持・増進と体力の向上を図り、楽しく明るい生活を営む態度を育てる。」と述べられており、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    安全に関する学習指導上に占める「体育」の重要性
     2002年度に完全実施された学習指導要領で安全に関して述べられているのは、総則の第1の3、図画工作科、体育科、社会科、道徳、学校行事などである。このことからも、「生命の尊重にかかる自己および他人の安全を確保する」ための基本的な安全教育は学校教育において大きな位置を占め、学校教育全体に渡って行われなければならないことが分かる。
     テキストによれば(p88)小学校における災害発生の割合は休憩中が最も高く、次いで教科、それも体育科の授業中が最も高いことが現れている。この実態については、休憩中、児童の危険に対する予知能力が低く、身体支配の能力が未熟であ..

    コメント11件

    lulu612 購入
    分かりやすくまとめてあり、参考になりました。
    2006/06/25 18:38 (10年5ヶ月前)

    atsu1225 購入
    わかりやすかったです。
    2006/07/16 11:26 (10年4ヶ月前)

    jamesdean 購入
    参考になりました。
    2006/08/02 8:00 (10年4ヶ月前)

    guanyu 購入
    参考になりました。
    2006/08/06 15:48 (10年4ヶ月前)

    tomokoonei 購入
    参考になった
    2006/08/28 16:22 (10年3ヶ月前)

    greenny 購入
    簡潔にまとめられていました。
    2006/11/07 3:37 (10年1ヶ月前)

    dpddll 購入
    参考になりました
    2006/11/19 17:36 (10年前)

    mika118 購入
    レポート作成の参考になりました!!
    2007/02/21 15:58 (9年9ヶ月前)

    sun26light 購入
    ありがとうございました
    2007/04/18 11:54 (9年7ヶ月前)

    usi0375 購入
    参考になりました
    2007/09/18 17:17 (9年2ヶ月前)

    くみ 購入
    参考になりました!
    2007/10/12 9:18 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。