子どもたちの可能性を伸ばす授業

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数552
ダウンロード数47
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    子どもたちの可能性を伸ばす授業
     学習指導とは、教科書などの教材を用いて、学習指導要領に定められた目標を達成することである。子ども・教材・教師によって構成される学習指導が、子どもの人格の形成を最大の目標とする学校教育にとって、重要な役割を果たす。しかし、学習指導が単に子どもの知識を詰め込むものになってしまうと、人格の形成を援助するものではなくなると考えられる。したがって、もともと自発性に満ちた子どもたちの主体的な活動を援助することが「子どもたちの可能性を伸ばす」ことであり、教師にとっても重要なのである。
     それでは、具体的にどのような授業にしていけばよいのか、教科指導、生徒指導、道徳指導の3点から考察したい。
     教科指導においては、子どもの主体性に沿った、子ども中心の授業をするように心がけることが大切である。常に教師主導の授業体系では、子どもの知識と生活がかけ離れたものになってしまい、真の知識と呼ぶことができない。具体的に言うと、体験学習、課外授業などが効果的であると考えられる。算数科図形の単元においては、実際にその図形が用いられている家を見に行ったり、社会科では、聞き取り調査・見学調査を行うなどである。授業の取り上げる教材についても、児童の生活する地域の特色に沿った、児童の生活から湧き出てくる疑問を捉えたものにすることが大切であると考えられる。そうした教材を用いて、児童の自発性を喚起するためには、日頃から子どもたちの目線を忘れずに見守り、的確に児童理解を深めておくことが重要であるといえる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子どもたちの可能性を伸ばす授業
     学習指導とは、教科書などの教材を用いて、学習指導要領に定められた目標を達成することである。子ども・教材・教師によって構成される学習指導が、子どもの人格の形成を最大の目標とする学校教育にとって、重要な役割を果たす。しかし、学習指導が単に子どもの知識を詰め込むものになってしまうと、人格の形成を援助するものではなくなると考えられる。したがって、もともと自発性に満ちた子どもたちの主体的な活動を援助することが「子どもたちの可能性を伸ばす」ことであり、教師にとっても重要なのである。
     それでは、具体的にどのような授業にしていけばよいのか、教科指導、生徒指導、道徳指導の3点..

    コメント6件

    jamesdean 購入
    参考になりました
    2006/06/23 16:05 (10年5ヶ月前)

    satom34 購入
    読みやすい文章でした。参考になりました。
    2006/10/07 14:25 (10年2ヶ月前)

    cgcpk190 購入
    参考になりました
    2007/04/01 20:02 (9年8ヶ月前)

    1277coara 購入
    とても参考になりました
    2007/06/05 21:55 (9年6ヶ月前)

    igat666 購入
    参考になりました。
    2007/06/15 1:04 (9年6ヶ月前)

    nayu0909 購入
    参考になった
    2007/06/17 9:35 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。