現代思想

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数776
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     現代思想としての構造主義は言語、文学作品、神話などを対象として分析するにあたって、語や表現などが形作っている構造に注目することで対象についての重要な理解を得ようとするアプローチである。
     ガストン・バシュラールはフランスの哲学者で、後の構造主義者たち、ミシェル・フーコーやルイ・アルチュセールなどに影響を与えた。彼の思想には3つの特徴がある。一つ目が「科学認識論」。科学者が自分自身の実践について理解しなければ、応用することもできない。科学認識論は、科学的な試みの意味がそこにおいて了解へともたらされるような領域のことである。それは哲学によって初めて可能になるとした。また、合理主義と現実主義との弁証法的関係を強調する。合理主義とは、解釈や理性の領野で、哲学を含んだ理論である。現実主義とは実験などの実践のことである。実験は解釈のための素材を提供する。そして理論は必ず実験によって確かめられねばならないとした。二つ目が「科学史の理論化」。科学の発展は、先行する学説を発展させることで起こったのではなく、新しい学説は古い学説を包含してきたのである。アインシュタイン相対性理論をニュートン物理学の発展したものとはいえない。ニュートンとアインシュタインでは、その考え方、発想が根本的に異なる。両者は矛盾する考え方とも言える。その意味で、両者は非連続的である。しかし、相対性理論はニュートン物理学と全く無関係なのではなく、包含した理論でもある。ニュートンが説明した現象を、相対性理論も説明できる。しかし、逆はできない。三つ目が「想像力とイメージの分析」である。想像力もイメージも、頭の中、もしくは、心の中の出来事である。しかし、想像力とイメージを区別する。イメージは、外的な知覚から変換されたもの。想像力は、個人の意思に従属した創造する活動である。また特殊な自律性をもっている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代思想としての構造主義は言語、文学作品、神話などを対象として分析するにあたって、語や表現などが形作っている構造に注目することで対象についての重要な理解を得ようとするアプローチである。
    ガストン・バシュラールはフランスの哲学者で、後の構造主義者たち、ミシェル・フーコーやルイ・アルチュセールなどに影響を与えた。彼の思想には3つの特徴がある。一つ目が「科学認識論」。科学者が自分自身の実践について理解しなければ、応用することもできない。科学認識論は、科学的な試みの意味がそこにおいて了解へともたらされるような領域のことである。それは哲学によって初めて可能になるとした。また、合理主義と現実主義との弁証法的関係を強調する。合理主義とは、解釈や理性の領野で、哲学を含んだ理論である。現実主義とは実験などの実践のことである。実験は解釈のための素材を提供する。そして理論は必ず実験によって確かめられねばならないとした。二つ目が「科学史の理論化」。科学の発展は、先行する学説を発展させることで起こったのではなく、新しい学説は古い学説を包含してきたのである。アインシュタイン相対性理論をニュートン物理学の発展したも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。