カフカ『変身』を「身体」から読み解く

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,430
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. はじめに
     カフカの作品はこれまで様々な解釈がなされてきた。宗教や思想を表現したものであるとするものや、社会・心理現象を反映するものと説明されてきた。しかし、カフカは、「徐々にそのより深い諸前提が理解され、今日でもドイツではほとんど完全に未知に近い」(マルティーニ)とされている。 
     高橋(2003)は「カフカ作品は様々アプローチを許容しながらも、特定の解釈による絶対的な解答を決して許さない。これはおそらくカフカ文学の持つ多義性、象徴性、…「開いた形式」 に由来していると思われる(12)」としている。また「カフカの読者は、読み始める前に持っていた多くの既成概念を捨て、作品の意味を自分で丹念に問い続けなければならない(16)」とも述べている。
     では、カフカの作品『変身』における、「巨大な褐色の虫」が何を象徴しているのだろうか。カフカの生きた時代背景を見てみると、第一次世界大戦が勃発し、その後のヨーロッパ、特にドイツには、危機や破局の意識はやがて文学における表現主義の運動と結びついた時代だといえる。人生とは危険で不安定な、更に矛盾だらけで分裂した苦悩の多いものとしてとらえられていた。このような状況の中で生まれた作品『変身』には、19世紀から20世紀にかけてのシオニズム運動やユダヤ人国家建設運動の激しくなった時期に特殊な環境に置かれたユダヤ人であったカフカ自身が経験したアイデンティティだと読み解くこともできるだろう。しかし本レポートでは、このような既成概念を捨て、「身体(改造)」または「身体のクイア化」というキーワードから読み解いてみたいと考える。つまり、ある朝、主人公のグレゴール突然に巨大な毒虫に変身してしまうが、これはグレゴール自身が望んだものであり、それにより政治的身体を得て、その上で自らの主張を行ったのではないかという考えに立ってこの作品を考察する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    カフカ『変身』を「身体」から読み解く
    はじめに
    カフカの作品はこれまで様々な解釈がなされてきた。宗教や思想を表現したものであるとするものや、社会・心理現象を反映するものと説明されてきた。しかし、カフカは、「徐々にそのより深い諸前提が理解され、今日でもドイツではほとんど完全に未知に近い」(マルティーニ)とされている。 
    高橋(2003)は「カフカ作品は様々アプローチを許容しながらも、特定の解釈による絶対的な解答を決して許さない。これはおそらくカフカ文学の持つ多義性、象徴性、…「開いた形式」 に由来していると思われる(12)」としている。また「カフカの読者は、読み始める前に持っていた多くの既成概念を捨て、作品の意味を自分で丹念に問い続けなければならない(16)」とも述べている。
    では、カフカの作品『変身』における、「巨大な褐色の虫」が何を象徴しているのだろうか。カフカの生きた時代背景を見てみると、第一次世界大戦が勃発し、その後のヨーロッパ、特にドイツには、危機や破局の意識はやがて文学における表現主義の運動と結びついた時代だといえる。人生とは危険で不安定な、更に矛盾だらけで分裂した苦悩の多い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。