甲賀市における子ども安全プラン

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数231
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2.甲賀市の概要
     甲賀市は、滋賀県東南部に位置し、大阪・名古屋から100キロメートル圏内にあり、近畿圏と中部圏をつなぐ広域交通拠点に位置しており、その東南部は、標高1,000mを超える山々が連なる鈴鹿山脈により、西南部は信楽盆地とこれらに続く丘陵性山地により各々三重県、京都府に接している。特に、鈴鹿山系を望む丘陵地で、野洲川・杣川・大戸川沿いに平地が開け、また森林も多く琵琶湖の水源涵養、水質保全にも重要な地域となっている。年平均気温は、平野部では14℃と温暖であるが、東部及び西部山岳地帯では12〜13℃と低くなる。年間降雨量は1,500〜1,600?。積雪量も特異な年を除いては、平野部で最高20?前後であり、積雪日数・積雪量ともに少ない地域となっているが、東部の山間部では30?以上積雪がある。降霜は11月から4月まで見られるが、4月から5月にかけて山岳地帯に晩霜があり、しばしば農作物に被害をもたらすことがある。風向は年間を通じて北西風が多く、秋から冬にかけて空気が乾燥し風は強くなるが、春から夏にかけては暖かい東南風が多くなる。人口は、平成12年の国勢調査によると92,484人で、平成17年12月31日現在で95,678人(男47,303人・女48,375人)、30,742世帯となっている。今後の施策展開において、定住促の環境整備、就業機会の創出、地域のイメージアップ等を図ることにより、平成26年の総人口の見通しを100,000人とし、10万人都市の形成を目指している。
    3.地域の福祉課題
     現在、我が国の少子化は深刻な社会問題となっている。少子化は、今後いっそう進行すると予想される。その背景には、結婚観、価値観など個人の意識の変化と共に仕事と家庭の両立の困難さ、女性の社会進出やライフスタイルの多様化への社会的対応の遅れ、子育てに係る経済的・精神的負担感の増大などが挙げられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.レポートタイトル「甲賀市、子ども安全プラン」
    2.甲賀市の概要
    甲賀市は、滋賀県東南部に位置し、大阪・名古屋から100キロメートル圏内にあり、近畿圏と中部圏をつなぐ広域交通拠点に位置しており、その東南部は、標高1,000mを超える山々が連なる鈴鹿山脈により、西南部は信楽盆地とこれらに続く丘陵性山地により各々三重県、京都府に接している。特に、鈴鹿山系を望む丘陵地で、野洲川・杣川・大戸川沿いに平地が開け、また森林も多く琵琶湖の水源涵養、水質保全にも重要な地域となっている。年平均気温は、平野部では14℃と温暖であるが、東部及び西部山岳地帯では12~13℃と低くなる。年間降雨量は1,500~1,600㎜。積雪量も特異な年を除いては、平野部で最高20㎝前後であり、積雪日数・積雪量ともに少ない地域となっているが、東部の山間部では30㎝以上積雪がある。降霜は11月から4月まで見られるが、4月から5月にかけて山岳地帯に晩霜があり、しばしば農作物に被害をもたらすことがある。風向は年間を通じて北西風が多く、秋から冬にかけて空気が乾燥し風は強くなるが、春から夏にかけては暖かい東南風が多くなる。人口は、平..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。