ブランド認知度の重要性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数708
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本旅行業のブランド・マーケティングに関する研究
    -旅行商品購買決定要因としてブランド認知度の重要性に関して



    ブランド:名前、用語、サイン、シンボル、デザイン、あるいはそれらの組み合わせであり、ある売り手、あるいは売り手グループの商品を競争者の商品から区別する目的でつけられたものである。(Philip Kotler)

    1.研究の背景
    旅行という商品には形がないといわれる。旅行業者は旅行という商品をつくるメーカーであり、それを旅行代理店に卸す商社および顧客に売る流通業者でもある。そして、もちろん感動を与えるサービス業でもある。旅行業という仕事が、「感動創造ビジネス」といわれるゆえでもある。しかしながら最近では、バブル経済崩壊以後旅行業界は顧客の増加はあるものの、価格破壊により厳しい収益環境をよぎなくされている。旅行商品の価格競争の激化、これに従う旅行業全体の収益性の悪化。
    本研究は、価格より価値をもっと重視する今の旅行客にとって単純な価格競争よりもいい内容をもっている旅行商品のイメージが一つのブランドとして旅行商品を選択するときに作用する、という考えで始まる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本旅行業のブランド・マーケティングに関する研究
    -旅行商品購買決定要因としてブランド認知度の重要性に関して
    ブランド:名前、用語、サイン、シンボル、デザイン、あるいはそれらの組み合わせであり、ある売り手、あるいは売り手グループの商品を競争者の商品から区別する目的でつけられたものである。(Philip Kotler)
    1.研究の背景
    旅行という商品には形がないといわれる。旅行業者は旅行という商品をつくるメーカーであり、それを旅行代理店に卸す商社および顧客に売る流通業者でもある。そして、もちろん感動を与えるサービス業でもある。旅行業という仕事が、「感動創造ビジネス」といわれるゆえでもある。しかしながら最近では、バブル経済崩壊以後旅行業界は顧客の増加はあるものの、価格破壊により厳しい収益環境をよぎなくされている。旅行商品の価格競争の激化、これに従う旅行業全体の収益性の悪化。
    本研究は、価格より価値をもっと重視する今の旅行客にとって単純な価格競争よりもいい内容をもっている旅行商品のイメージが一つのブランドとして旅行商品を選択するときに作用する、という考えで始まる。
    2.研究の目的
    ブランド化..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。