子どもにとっての読書の意義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,676
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     子どもにとって読書の持つ意味とは、まず、新しい視野を広げることではないかと思います。子どもはまだ数年しか生きていないし、大人ほどたくさんの人、動植物に触れたこともないし、さまざまな場所に行ったこともないからです。本を読むことによって、その中の登場人物と友達になったり、登場人物と一緒になっていろいろなところを旅して探検したりと、いろいろな体験ができます。子どもにとって、絵本の中の世界は、今まで行ったことのない未知の世界であり、そこで感じるもの全てが新発見であります。
     また、読書は言葉の発達にも効果を発揮します。まだ生まれて間もない子どもは言葉をしゃべることができません。が、周りの人が言っていることを理解して、真似することはとても上手です。絵本で犬が出てきたら、親は「ワンワン出てきたね」と言います。何度も読まれているうちに、子どもは「これはワンワンって言うものなんだ」と理解します。そしてそのうち親のまねをして「ワンワン」と言葉を発するようになります。散歩等で犬を見かけたらまた大人が「ワンワン」と言っているのを聞いて、「ワンワンはいろいろな種類のワンワンがいるんだ」と頭の中で考えることもできます。
    ある程度言葉をしゃべれるようになると、子どものほうから絵を指差して「これなんていうの」と聞かれるようになり、どんどん子どもの語彙は多くなっていきます。
     読書は、親と子のコミュニケーションを図るためにも重要なものです。親のひざに乗って絵本を読み聞かせてもらうことに、子どもは安心と安らぎを感じます。テレビでも昔話や、絵本を読む時間がありますが、テレビの声は常に一定で、子どもが何か反応を示しても何も聞かずにどんどん先に行ってしまいます。テレビを通してではぬくもりも感じません。子どものペースに合わせて読んであげることができます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子どもにとっての読書の意義
     子どもにとって読書の持つ意味とは、まず、新しい視野を広げることではないかと思います。子どもはまだ数年しか生きていないし、大人ほどたくさんの人、動植物に触れたこともないし、さまざまな場所に行ったこともないからです。本を読むことによって、その中の登場人物と友達になったり、登場人物と一緒になっていろいろなところを旅して探検したりと、いろいろな体験ができます。子どもにとって、絵本の中の世界は、今まで行ったことのない未知の世界であり、そこで感じるもの全てが新発見であります。
    また、読書は言葉の発達にも効果を発揮します。まだ生まれて間もない子どもは言葉をしゃべることができません。が、周りの人が言っていることを理解して、真似することはとても上手です。絵本で犬が出てきたら、親は「ワンワン出てきたね」と言います。何度も読まれているうちに、子どもは「これはワンワンって言うものなんだ」と理解します。そしてそのうち親のまねをして「ワンワン」と言葉を発するようになります。散歩等で犬を見かけたらまた大人が「ワンワン」と言っているのを聞いて、「ワンワンはいろいろな種類のワンワンがいるん..

    コメント1件

    riccia 購入
    とても参考になりました
    2006/08/20 11:48 (10年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。