社会保険について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数639
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     まず、なぜ社会保険という制度があるのかというと、普通、保険といえば、生命保険や火災保険のことを思い浮かべますが、これらは、生命保険会社や損害保険会社が保険料を集め、病気やケガ、死亡、あるいは火災などに見舞われた人に保険金を支払うものです。ところが、これら民間の保険制度では加入するかしないかは、任意加入であるため、自由ですから、保険料を支払えない人は、救済を受けられません。保険制度が民間だけであっては、本当に救済の必要な人が救われません。そのために、国が管理監督する社会保険制度が必要なわけです。これは、民間の生命保険などの私的保険に対して、会社で働く人などは加入を義務づけられている、強制力のある公的保険といえます。
     この社会保険制度は、目的によっていくつかの制度にわかれています。
     主なものは、?健康保険 ?厚生年金保険 ?労働者災害補償保険 ?雇用保険の四つです。さらに、この四つの保険を含めて十二種類もの保険があり、原則として国民であればどれかの保険に加入するようになっています。
     これらは、厚生労働省管理の下にあり、健康保険と厚生年金保険を合わせて、狭い意味で社会保険といい、労災保険、雇用保険を合わせて労働保険という総称で呼ばれています。
    ?の健康保険とは、健康保険の被保険者が、業務あるいは通勤以外の事由によって病気、ケガ、休業、分娩、死亡およびその被扶養者の疾病等の保険事故に対して医療給付を中心とした短期の保険給付を行う社会保険の1つが健康保険です。この保険事故に対して、療養の給付、療養費、傷病手当金、分娩費、出産手当金、育児手当金、埋葬料、埋葬費の給付が行われ、保険の財源は国庫負担金と保険料からなっています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会保険について
     まず、なぜ社会保険という制度があるのかというと、普通、保険といえば、生命保険や火災保険のことを思い浮かべますが、これらは、生命保険会社や損害保険会社が保険料を集め、病気やケガ、死亡、あるいは火災などに見舞われた人に保険金を支払うものです。ところが、これら民間の保険制度では加入するかしないかは、任意加入であるため、自由ですから、保険料を支払えない人は、救済を受けられません。保険制度が民間だけであっては、本当に救済の必要な人が救われません。そのために、国が管理監督する社会保険制度が必要なわけです。これは、民間の生命保険などの私的保険に対して、会社で働く人などは加入を義務づけられている、強制力のある公的保険といえます。
     この社会保険制度は、目的によっていくつかの制度にわかれています。
     主なものは、①健康保険 ②厚生年金保険 ③労働者災害補償保険 ④雇用保険の四つです。さらに、この四つの保険を含めて十二種類もの保険があり、原則として国民であればどれかの保険に加入するようになっています。
     これらは、厚生労働省管理の下にあり、健康保険と厚生年金保険を合わせて、狭い意味で社..

    コメント2件

    diegoam10 購入
    参考になりました
    2006/07/06 0:25 (10年5ヶ月前)

    herakleitos 購入
    社会保険の中で、昨今話題の介護保険の記述が抜けていました。
    2006/08/06 22:32 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。