日本企業のグローバル戦略

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,915
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     約10年ほど前、日本企業の経営は、かなり現地化が進行したといっても、本質的には、海外市場への依存度が高い巨大な国内産業の段階に留まっていました。そして今、日本企業は、年月を重ねる度にグローバルな視野から国内・海外活動を一体化した新しい経営を生み出し続けている。かつて、欧米企業が海外に展開した時に比べて、さらに、それぞれの国や地域の人々の意識や文化に重要な意義をもつ時代になっています。日本の自動車メーカーの場合は、「世界の自動車産業における日本の自動車メーカーの新しい役割とは何か」という基本問題を掲げています。過去、日本の自動車産業は国内の生産システムの向上にばかり力を注いでいました。しかし、その後、輸出のメカニズムを作り上げ輸出比率を向上させていきました。その方法とは、「生産性の高いスリムな生産」という方法でありました。この生産方法の特徴というのは、トヨタ生産システムが顕著な例であり、その内容は、柔軟性の高い生産、多様な製品範囲、製品ライフ・サイクルの短縮、1モデル当たりの少量生産、複数技能をもつ技術者と労働者、高度な技術を備え信頼性の高いサプライヤー、メーカーとサプライヤーとの間の長期期間な関係、そこで働く社員たちの相互のきめ細かいすりあわせと問題解決方法の9項目であります。そしてそのうちに、日本の自動車生産量は、世界の生産量の約50パーセントも占有するようになっていきます。しかし、この時点ではまだ、グローバル戦略が成功したとは言い切れないものがあります。日本国内で日本型の経営を行うことは成功へのカギとなると思いますが、海外で日本型の経営をするということは、グローバルの衝突、矛盾が生じることがあります。例として、日本の自動車メーカーは、輸出の一部を現地生産によって補おうと試み、現地生産工場を建設しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本企業のグローバル戦略
     約10年ほど前、日本企業の経営は、かなり現地化が進行したといっても、本質的には、海外市場への依存度が高い巨大な国内産業の段階に留まっていました。そして今、日本企業は、年月を重ねる度にグローバルな視野から国内・海外活動を一体化した新しい経営を生み出し続けている。かつて、欧米企業が海外に展開した時に比べて、さらに、それぞれの国や地域の人々の意識や文化に重要な意義をもつ時代になっています。日本の自動車メーカーの場合は、「世界の自動車産業における日本の自動車メーカーの新しい役割とは何か」という基本問題を掲げています。過去、日本の自動車産業は国内の生産システムの向上にばかり力を注いでいました。しかし、その後、輸出のメカニズムを作り上げ輸出比率を向上させていきました。その方法とは、「生産性の高いスリムな生産」という方法でありました。この生産方法の特徴というのは、トヨタ生産システムが顕著な例であり、その内容は、柔軟性の高い生産、多様な製品範囲、製品ライフ・サイクルの短縮、1モデル当たりの少量生産、複数技能をもつ技術者と労働者、高度な技術を備え信頼性の高いサプライヤー、メー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。