ライフサイクルの変化と高齢者福祉について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,197
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. ライフサイクル
    ライフサイクルとは、人生周期、または生活周期のことをいう。つまり、生命体の一生の生活にみられる規則的な推移のことである。このライフサイクルについて二人の学者が考えを述べている。
    まず、ユングは、人生を4つの段階に分け、一生を太陽の運行になぞらえながら、それぞれの階段の特質を述べている。また、ユングは人間の心理的発達、変化を理解するときに、その人の出生から成人期、そして老年期までの人生の流れがあることが重要であるという指摘がある。つまり、ユングの考えでは、人間の一生は、児童期、青年期、成人期、老年期などのいくつかの特徴的な階段を登っていくように超えていくものであり、心理学及び社会学では、ライフサイクルを、人生にいくつかの階段があり、そのような時間的変化のことをいうのである。
    もう一人はレビンソンである。彼は、ライフサイクルとは、出発(誕生)から終了点(死亡)までの過程(旅)であると述べている。彼はまた、ライフサイクルにおいて人間の人生の各段階(時期)は、会談をあがるようにすすんでいくこと、より新しい段階(時期)は、過ぎ去った過去に依存しているものであると強調している。つまり年齢を重ねて人生の歩みをすすめることは、各年代に特有の役割や課題に対してどのように向き合ってきたかに影響されると述べている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ライフサイクルの変化と高齢者福祉について
    ライフサイクル
    ライフサイクルとは、人生周期、または生
    活周期のことをいう。つまり、生命体の一生の生活にみられる規則的な推移のことである。このライフサイクルについて二人の学者が考えを述べている。
    まず、ユングは、人生を4つの段階に分け、一生を太陽の運行になぞらえながら、それぞれの階段の特質を述べている。また、ユングは人間の心理的発達、変化を理解するときに、その人の出生から成人期、そして老年期までの人生の流れがあることが重要であるという指摘がある。つまり、ユングの考えでは、人間の一生は、児童期、青年期、成人期、老年期などのいくつかの特徴的な階段を登っていくように超えていくものであり、心理学及び社会学では、ライフサイクルを、人生にいくつかの階段があり、そのような時間的変化のことをいうのである。
    もう一人はレビンソンである。彼は、ライフサイクルとは、出発(誕生)から終了点(
    死亡)までの過程(旅)であると述べている。彼はまた、ライフサイクルにおいて人間の人生の各段階(時期)は、会談をあがるようにすすんでいくこと、より新しい段階(時期)は、過ぎ去った過..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。