ゼミレポート「森首相」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数192
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「森内閣」についてまとめた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ゼミレポート「スキャンダルに満ちた森内閣」          
    森内閣は、第1次、第2次をあわせると2000年4年から2001年4月まで組閣された内閣である。そしてそれは様々なスキャンダルの情報が付随してくるものである。これだけの短期間で数々のスキャンダルに見舞われた内閣はかなり珍しいと思う。そこで今回はテーマとして「森内閣」を取り上げることにした。
    ■森内閣の誕生
     前任の小渕氏が脳梗塞で倒れたことにより開かれた「五人組の密室談合」 によって当時自民党幹事長だった森氏が首相となる。ただ2000年4月5日から始まることとなる第一次森内閣は小渕内閣の代理続行のための緊急内閣としての性格が強く、内閣はすべて再任者で組閣されている。 森首相の人事によって組閣されるのは2000年6月の衆院選後の第二次森内閣が初めてとなった。
    ■「神の国」発言
    森内閣始動まもない2000年5月15日、神道政治連盟国会議員懇談会で森首相は挨拶で「日本の国、まさに天皇を中心としている神の国であるぞということを国民の皆さんにしっかりと承知していただきたい」と述べた。この発言を受けて野党は国民主権や政教分離に反するもの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。