市町村合併について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数224
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「市町村合併を考える」
    地方分権の推進が叫ばれている昨今、地方行政の基盤強化や広域的な対応の必要性から、市町村合併には大きな注目が集まっている。今回の平成の大合併では、住民投票や意思調査などを行わずに合併に踏み切った市町村がいくつもあった。合併などの住民の関心が高く生活に大きな変化をもたらしかねない決定においては自治体がメリット・デメリットを含めた情報を広く提供し、例え反対が予想される場合であっても粘り強く説得し住民の理解と協力を得た上での合併でないといけないのではないかと思う。また、現時点ではメリットではあるはずのものが、数年後にはデメリットに変わっている可能性もないとは言えない。メリットを十分に生かし、業務の効率化、コストの削減を進めると共により一層の計画的な行政運営が必要である。
    市町村合併には主に3つの目的・手段があると言える。
    (購入いただければ以下閲覧できます。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    市町村合併を考える
    前回のレポートでは道州制について述べた。今回は更に我々に身近な存在である市町村合併について考えてみたい。
    地方分権の推進が叫ばれている昨今、地方行政の基盤強化や広域的な対応の必要性から、市町村合併には大きな注目が集まっている。今回の平成の大合併では、住民投票や意思調査などを行わずに合併に踏み切った市町村がいくつもあった。合併などの住民の関心が高く生活に大きな変化をもたらしかねない決定においては自治体がメリット・デメリットを含めた情報を広く提供し、例え反対が予想される場合であっても粘り強く説得し住民の理解と協力を得た上での合併でないといけないのではないかと思う。また、現時点ではメリットではあるはずのものが、数年後にはデメリットに変わっている可能性もないとは言えない。メリットを十分に生かし、業務の効率化、コストの削減を進めると共により一層の計画的な行政運営が必要である。
    市町村合併には主に3つの目的・手段があると言える。1つは、地方分権の推進である。現在では小規模自治体が多く、中央政府に依存せざるを得ない。(そもそも市町村合併自体が「アメとムチ」による推進の元、行われて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。