リクルート事件

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数708
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「リクルート事件」
    リクルート事件のあらましについて考察します。
                         
    *「リクルート」とは…
    1960年に当時学生だった江副浩正によって創設。さまざまな分野で情報サービスを提供。
    当初の代表的な事業は職業情報誌と住宅情報誌の販売であったが、インターネットが普及してからは無料情報誌に転換(「タウンワーク」や、「住宅情報」など)。また他にもホットペッパーやR25、カーセンサーなどがある。
    *事件の概要
     リクルート事件は会長の江副が政治家、公務員など76人に対し、子会社である「リクルートコスモス」の未公開株 をばらまいた事件。(正確には譲り受けた人の大半はリクルートの子会社からの融資で株を購入している) 贈り先としては政界・文部省・労働省・NTTの4ルートがあったがすべて目的はバラバラであった。
    株が賄賂として使われる、また目的が多様でかつ広範囲に行われた賄賂という点で、当時としては珍しい事件であった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「リクルート事件」                     
    *「リクルート」とは…
    1960年に当時学生だった江副浩正によって創設。さまざまな分野で情報サービスを提供。
    当初の代表的な事業は職業情報誌と住宅情報誌の販売であったが、インターネットが普及してからは無料情報誌に転換(「タウンワーク」や、「住宅情報」など)。また他にもホットペッパーやR25、カーセンサーなどがある。
    *事件の概要
     リクルート事件は会長の江副が政治家、公務員など76人に対し、子会社である「リクルートコスモス」の未公開株 をばらまいた事件。(正確には譲り受けた人の大半はリクルートの子会社からの融資で株を購入している) 贈り先としては政界・文部省・労働省・NTTの4ルートがあったがすべて目的はバラバラであった。
    株が賄賂として使われる、また目的が多様でかつ広範囲に行われた賄賂という点で、当時としては珍しい事件であった。
    *事件の発端
    川崎市助役の小林が、リクルートの川崎テクノピア地区進出に伴い便宜を図った( )見返りに株の譲渡を受けていたという事実を昭和63年6月18日、朝日新聞川崎支局がスクープ。全国版に掲載。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。